森一郎 (哲学者)

森 一郎(もり いちろう、1962年 - )は、日本の哲学者東北大学教授。

埼玉県生まれ。1986年東京大学文学部卒業。1990年東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程中途退学。東京大学助手、東京女子大学講師、助教授、教授を経て現職。2008年博士論文『死と誕生 ハイデガー・九鬼周造・アーレント』により博士(文学)東京大学。同書により、2009年に第21回和辻哲郎文化賞を受賞。2015年、アーレント『活動的生』の翻訳により日本翻訳文化賞を受賞。渡邊二郎の高弟であり、師ゆずりの精細な論考で知られる[1]

ハイデガーの現象学的存在論の研究をベースに、近代という時代のはらむ問題群を、ニーチェアーレントの批判を参照しつつ、考察している。

目次

著書編集

  • 『死と誕生 ハイデガー・九鬼周造・アーレント』東京大学出版会、2008年1月。
  • 『死を超えるもの 3・11以後の哲学の可能性』東京大学出版会、2013年6月。
  • 『世代問題の再燃――ハイデガー、アーレントとともに哲学する』明石書店、2017年10月。

共編著編集

  • 『ハイデッガーと思索の将来――哲学への〈寄与〉』、共著:ハイデッガー研究会編、理想社 2006年。
  • 『渡邊二郎著作集 第12巻 自己と世界』、共編著、筑摩書房、2011年
  • 『科学と技術への問い――ハイデッガー研究会第三論集』、共編著、理想社、2012年。
  • 『形而上学の可能性を求めて――山本信の哲学』、共編著、 工作舎、2012年。ISBN 978-4-87502-447-7
  • 『ハイデガー読本』、安部浩古荘真敬秋富克哉、共編著、法政大学出版局、2014年。
  • 『続・ハイデガー読本』、安部浩古荘真敬秋富克哉、共編著、法政大学出版局、2016年。

翻訳編集

脚注編集