メインメニューを開く

森下 彰子(もりした あやこ、1922年6月1日 - 1945年8月6日)は、日本の女優。

もりした あやこ
森下 彰子
生年月日 (1922-06-01) 1922年6月1日
没年月日 (1945-08-06) 1945年8月6日(23歳没)
出生地 東京府東京市四谷区
死没地 広島県広島市
職業 女優
配偶者 川村禾門
所属劇団 桜隊
テンプレートを表示

生涯編集

 
広島平和大通りにある移動演劇さくら隊殉難碑の側面。名前が刻まれている。

東京都・四谷生まれ。成女高等女学校中退後、日活多摩川(その後大映)に入社。

同僚の俳優川村禾門と恋におち結婚。彼の朝鮮への出征後も、頻繁な文通をかわした。

映画『青空交響楽』(1943年、大映)、『ベンガルの嵐』(1944年、大映)などに出演後、女優仲間の町田博子らとともに芸能挺身隊として、その後日本移動演劇連盟が結成されると、丸山定夫率いる劇団「苦楽座」(後の桜隊)の団員として各地で慰問活動を行う[1]。1945年7月、島根県巡業中に夫への最後の手紙となる45通目を投函。

1945年8月6日、同劇団の疎開先である広島市で被爆死した(家屋倒壊による即死と見られる)[2]

2008年NHKにて『ハイビジョン特集 戦後60年関連 ヒロシマ・戦禍の“恋文” 女優 森下彰子の被爆』が放送された。

脚注編集

  1. ^ 検索結果”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年10月27日閲覧。
  2. ^ 移動劇団桜隊の原爆忌に参加して”. ちきゅう座 (2013年8月10日). 2014年10月11日閲覧。

関連項目編集

関連文献編集

  • 新藤兼人 『さくら隊8月6日;広島で被爆した若き新劇人たち』 岩波ブックレット1988年 ISBN 400003054X
  • 堀川惠子 『戦禍に生きた演劇人たち;演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇』 講談社2017年 ISBN 9784062207027
    • 前記の「ハイビジョン特集」をベースとしており、八田の伝記を中心とする戦前・戦後の新劇史であるが、森下と川村の恋文の交換も中心的エピソードの一つとして扱われている。
  • 『彷書月刊』第14巻第8号(1998年8月号)「特集;劇団『さくら隊』原爆忌」

外部リンク編集