メインメニューを開く
森勇

森 勇(もり いさむ、1876年明治9年)11月3日[1] - 1958年昭和33年)10月[2])は、日本の検事富山市長

経歴編集

岐阜県羽島郡中屋村(現在の各務原市)出身[1]1900年(明治33年)、明治法律学校(現在の明治大学)を卒業した[1]1902年(明治35年)、判事検事登用試験に合格し、司法官試補として金沢地方裁判所に勤務した[1]1905年(明治38年)に検事となり、高松区裁判所検事、大津区裁判所検事、大阪地方裁判所検事、大津地方裁判所検事、広島区裁判所検事、山口地方裁判所検事、呉区裁判所検事、広島地方裁判所検事、広島控訴院検事を歴任した[1]1928年(昭和3年)に那覇地方裁判所検事正となり、以後、富山地方裁判所検事正、奈良地方裁判所検事正、金沢地方裁判所検事正を務め、1939年(昭和14年)に退官した[1][3]

その後、1940年(昭和15年)に富山市長に選ばれた[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『大日本法曹大観』p.283
  2. ^ 『日本の歴代市長 第2巻』p.131
  3. ^ a b 『人事興信録』

参考文献編集

  • 大日本法曹大観編纂会『大日本法曹大観』国民社、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(下)』人事興信所、1941年。
  • 『日本の歴代市長 第2巻』歴代知事編纂会、1984年。