メインメニューを開く
森山鋭一

森山 鋭一(もりやま えいいち、1894年12月17日 - 1956年6月9日)は、日本の法制官僚政治家弁護士貴族院議員、法制局長官

経歴編集

現在の三重県桑名市出身。伊藤伊右衛門の三男として生まれ、森山兵介の養子となる。1914年7月、第八高等学校一部丙を首席で卒業。1919年7月、東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業し、同月、内務省に入り内務属・土木局工営課に配属された。1920年10月、高等試験行政科試験に合格。

その後、兼警察講習所教授、埼玉県視学官帝都復興院計画局制度課、復興局事務官・長官官房計画課などを歴任。1924年12月、法制局参事官となる。以後、賞勲局書記官、行政裁判所評定官、法制局第一部長、同第二部長、企画庁常任参与、企画院参与などを歴任。

1941年10月、東條内閣の法制局長官となり1944年7月まで在任。1943年1月、貴族院勅選議員に任命され1946年5月15日まで在任した[1]

1946年12月に弁護士登録を行い、同年から1951年8月まで公職追放となった。その後、東京都地方労働委員会会長を務めた。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第5801号、昭和21年5月20日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。


公職
先代:
村瀬直養
  法制局長官
第42代:1941 - 1944
次代:
三浦一雄