メインメニューを開く

森田修平(もりた しゅうへい、1978年6月22日 - )は、奈良県大和高田市出身のアニメーション監督演出家YAMATOWORKS代表[1]

目次

経歴・人物編集

2001年京都造形芸術大学卒業。在学中にデジタル映像制作グループ神風動画の立ち上げに参加。MTVのステーションIDや、NHK特番内で放映された、アーサー・C・クラークが原案提供した短編『MARS BRAT(マーズブラット)』の監督[2]などを手がける。 平行してSTUDIO 4℃でもCGIスタッフとして活動。

2003年、個人制作ユニットYAMATOWORKS桟敷大祐と共に立ち上げ、2005年短編アニメーション『カクレンボ』を発表。同作品は国内外で高く評価され、東京アニメアワード公募作品一般部門の優秀作品賞などを受賞、デジタルアニメの新旗手として一躍注目される。

2006年、日清カップヌードルとのCM、OVA連動企画『FREEDOM』のOVA監督に抜擢。

2012年、『九十九』が第16回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門ならびにアヌシー国際アニメーション映画祭2012公式コンペに選出され、『SHORT PEACE』内でオムニバス作品として2013年7月に公開された。更に、同作品は米国アカデミー賞(第86回)短編アニメーション部門にノミネートされた。

2014年から2015年にかけて、監督としてテレビアニメ『東京喰種トーキョーグール』、『東京喰種トーキョーグール√A』に参加、作画アニメーションの演出も手掛けた。

作品リスト編集

アニメ映画編集

OVA編集

テレビ編集

その他編集

  • 礫-レキ-(MTV Station-ID作品・個人制作・2000年)監督
  • MTV Station-ID男伊達(MTV Station-ID作品・個人制作・2001年)監督
  • 安らけし都(平城京歴史館VRシアター上映作品・YAMATOWORKS制作・2013年)監督

受賞歴編集

  • NHKデジタルスタジアム(ベストセレクション・『礫-レキ-』・2000年)
  • PROMAX&BDA(銅賞・『MTV Station-ID男伊達』・2001年・アメリカ)
  • 東京国際アニメフェア2005公募作品一般部門(優秀作品賞・『カクレンボ』・2005年)
  • ファンタジア映画祭ショート映画部門(金賞・『カクレンボ』・2005年・カナダ)
  • 第9回文化庁メディア芸術祭(審査委員会推薦作品・『カクレンボ』・2005年)
  • 東京国際アニメフェア2007オリジナルビデオ部門(優秀作品賞・『FREEDOM』・2007年)
  • 第11回文化庁メディア芸術祭(審査委員会推薦作品・『FREEDOM』・2007年)
  • 第7回映像技術賞(技術奨励賞・『FREEDOM』・2007年)
  • アヌシー国際アニメーションフェスティバル短編コンペティション部門(オフィシャルセレクション・『九十九』・2012年・フランス)
  • 第16回文化庁メディア芸術祭 (審査委員会推薦作品・『九十九』・2013年)

脚注編集

外部リンク編集