メインメニューを開く

森田 雄三郎(もりた ゆうざぶろう、1930年1月21日 - 2000年4月25日)は、日本神学者同志社大学名誉教授。

目次

来歴編集

大阪府堺市生まれ。1960年京都大学大学院文学研究科基督教学専攻満期退学。1961年、同志社大学商学部専任講師。1963年、助教授。1963年7月、フルブライト留学生としてニューヨークユニオン神学校留学。1964年5月、STM課程修了、神学修士。1969年、同志社大教授。1975年、「キリスト教の近代性 : 神学的思惟における歴史の自覚」により京都大学文学博士[1]1976年から1977年まで、スイスバーゼル大学で在外研究。1995年、同志社大定年、名誉教授。1996年大阪学院大学国際学部教授。1999年10月退職。日本基督教学会理事。学会誌『日本の神学』編集委員長。

著書編集

  • 『キリスト教の近代性 神学的思惟における歴史の自覚』創文社 1972
  • シュヴァイツァー』日本基督教団出版局 1973 人と思想シリーズ
  • 『キリスト教の四季 宗教の本質』1984 朝日カルチャーセンター講座カセット
  • 『現代神学はどこへ行くか』教文館 2005
  • 『神なきところに神を見る』森田雄三郎著作刊行会 2006

共著編集

翻訳編集

  • 『イエス伝研究史 シュヴァイツァー著作集』遠藤彰共訳 白水社 1960 

出典・脚注編集

  1. ^ キリスト教の近代性 : 神学的思惟における歴史の自覚 森田雄三郎”. 国立国会図書案. 2012年10月18日閲覧。

外部リンク編集