バーゼル大学

スイスのバーゼルにある大学

バーゼル大学英語: University of Basel、公用語表記: ドイツ語: Universität Basel)は、スイスバーゼルに本部を置くスイス公立大学である。1460年創立、1460年大学設置。

バーゼル大学
University of Basel Logo.png
大学設置/創立 1460年
学校種別 公立
本部所在地 スイスバーゼル
学生数 12,852
ウェブサイト https://www.unibas.ch/
テンプレートを表示
11-11-24-basel-by-ralfr-035.jpg

沿革編集

1432年バーゼル公会議により、パリ大学ボローニャ大学をモデルとする高等教育機関が創設されたが、会議の他所への移行とともにこれは解消した。その後、バーゼル市参事会の請願に応じローマ教皇 ピウス2世1459年11月12日付けの勅書によりボローニャ大学を模範とするバーゼル大学が設立され、1460年4月4日をもって開学した。定款は 1447年設立のエアフルト大学のものに近いものであった。4学部、11正規講座・1特別講座を計画した。人事権は実質的に市参事会が掌握した。教師陣は国際的であったが、学生はドイツ南部、アルサス、スイス出身者が多くを占めた。設立当初10年間の平均学生数は約260人であったが、各地に大学が設立され、また政治状況の変化により学生数は減少を続けた [1]

スイス最古の大学である。卒業者にユングなどがいる。

現代では、熱帯医学地球科学天文学スラブ学で知られている。

学部編集

7つの学部を置く。

  • 神学部(Theologische Fakultät)
  • 法学部(Juristische Fakultätt)
  • 医学部(Medizinische Fakultätt)
  • 哲学・歴史学部(Philosophisch-Historische Fakultätt)
  • 哲学・自然科学部(Philosophisch-Naturwissenschaftliche Fakultätt)
  • 経営・経済学部(Wirtschaftswissenschaftliche Fakultätt)
  • 心理学部(Fakultät für Psychologiet)

関係者編集

教員編集

エラスムスパラケルスス、セバスティアン・ブラント、ベルヌーイブルクハルトオイラーイェーリングニーチェヤスパースカール・バルトなどがここで教鞭を執った。

卒業生編集

関連研究所編集

  • バーゼル・ガバナンス研究所(Basel Institute on Governance)
  • フリードリヒ・ミーシャー研究所(Friedrich-Miescher-Institut)
  • バーゼル分子臨床眼科学研究所(Institut für molekulare und klinische Ophthalmologie Basel)
  • スイス熱帯公衆衛生研究所(Schweizerisches Tropen- und Public-Health-Institut)
  • スイスピース(Swisspeace)
  • スイス救急・災害医学センター(Schweizerisches Zentrum für Rettungs-, Notfall- und Katastrophenmedizin)

また、バーゼル大学はチューリッヒ工科大学(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)バイオシステム学科と緊密な協力関係を維持している。

脚注編集

  1. ^ Lexikon des Mittelalters. Bd. I. München/Zürich: Artemis 1980 (ISBN 3-7608-8901-8), Sp. 1513-1514.

関連項目編集

外部リンク編集