メインメニューを開く

J・ウィリアム・フルブライト

フルブライトから転送)

ジェームズ・ウィリアム・フルブライトJames William Fulbright, 1905年4月9日 - 1995年2月9日)は、アメリカ合衆国政治家

ジェームズ・ウィリアム・フルブライト
Fulbright.jpg
アメリカ合衆国上院議員
アーカンソー州選出
任期
1945年1月3日 – 1974年12月31日
前任者 ハッティ・キャラウェイ
後任者 デイル・バンパーズ
アメリカ合衆国下院議員
アーカンソー州第3選挙区選出
任期
1943年1月3日 – 1945年1月3日
前任者 クライド・T・エリス
後任者 ジェームズ・ウィリアム・トリンブル
上院外交委員会委員長
任期
1959年1月3日 – 1974年12月31日
前任者 セオドア・F・グリーン
後任者 ジョン・スパークマン
上院銀行・通貨問題委員会委員長
任期
1955年1月3日 – 1959年1月3日
前任者 ホーマー・ケープハート
後任者 アブサロム・ウィリス・ロバートソン
個人情報
生誕 (1905-04-09) 1905年4月9日
ミズーリ州サムナー
死没 1995年2月9日(1995-02-09)(89歳)
ワシントンD.C.
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
政党 民主党
配偶者 エリザベス・ウィリアムズ, ハリエット・メイヤー・フルブライト
出身校 アーカンソー大学
ペンブローク・カレッジオックスフォード大学
ジョージ・ワシントン大学
宗教 Disciple of Christ

連邦下院議員(1943年 - 1945年)、連邦上院議員(アーカンソー州選出、1945年 - 1975年)。上院では銀行委員長(1955年 - 1961年)、外交委員長1959年 - 1975年)を歴任。フルブライト奨学金の設立者。所属政党は民主党

目次

生い立ちおよび経歴編集

フルブライトは1905年、ミズーリ州サムナーで、ベルリンから移住したドイツ系の家庭に生まれる[注釈 1]。後にアーカンソー州へ移住し、1925年アーカンソー大学政治学専攻)を卒業する。大学では優等生の学寮シグマ・キーのメンバーであった。彼は学生総代に選出され、1921年から24年までフットボールチームのスタープレイヤーであった[2]

その後1928年ローズ奨学金(ペンブルック・カレッジ)を得て、オックスフォード大学を卒業する。1934年ジョージ・ワシントン大学ロー・スクールを卒業、法学位を得てワシントンD.C.で法曹界に入り、司法省の反トラスト部門に勤務する。

1936年から39年までアーカンソー大学で法学講師を務める。1939年にはアーカンソー大学学長に任命されアメリカ合衆国内最年少の学長となり1941年まで務める。同学文化研究科はその業績をたたえて命名された。

フルブライトの妹、ロバータはスワンソン社の社長、ギルバート・C・スワンソンと結婚し、その孫のタッカー・カールソンはニュースキャスターである[3]

政界編集

1942年、下院議員選挙に立候補し、当選する。下院では国際的な集団安全保障機構、平和維持機構の創設を支持し、アメリカが後に国際連合となるその機関に参加することを提案するフルブライト決議案を提出、可決されたことによりフルブライトは全国的な知名度を得た。

1944年の改選の際には再選を目指さず、上院議員選挙に立候補・当選。5期30年(最長記録)に渡り、外交問題の専門家として活躍、上院外交委員長職を長年務める(16年間)。

1945年、アメリカと世界各国との教育交流の計画を議会に提出、国務省 教育文化局(Bureau of Educational and Cultural Affairs)の出資により、フルブライト奨学金を設立[4][5][6][7]

1961年ピッグス湾事件の際には当時のケネディ政権の姿勢を批判し、キューバへの介入に反対した。トンキン湾事件後の、より本格的なヴェトナム介入を認めるトンキン湾決議には賛成したものの、ヴェトナム戦争が泥沼化するにつれて反戦へと転じた[8][9]。外交におけるウィルソン主義や道徳的アプローチの正統的な継承者であり、リベラル派であった。

一方で、フルブライトは人種隔離主義者でもあった。1956年の「サザン・マニフェスト」(南部宣言)は、最高裁のブラウン対教育委員会判決 (Brown v.Board of Education) で南部諸州における人種隔離政策が違憲とされ、アイゼンハウアー政権もある程度まで人種平等政策を打ち出したことに反発し、人種隔離政策の継続とジム・クロウ法の保存を謳った南部選出の議員による声明であるが、彼はこれに署名した。また、1964年公民権法を筆頭とした一連の公民権法に反対した。

1974年、フルブライトは6選を目指したが、民主党の予備選で当時アーカンソー州知事だったデイル・バンパースに敗れ、政界を引退した。ちなみにバンパースは上院議員選挙を勝ち抜き、上院議員となった。

1995年脳梗塞により死去[10]。エヴァー・グリーン墓地(アーカンソー州ワシントン郡フェーエットビル)に眠る。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 改姓前の苗字はFulbrecht(フルブレヒト)という[1]

出典編集

  1. ^ Fulbright, J. William (James William). アメリカ外交批判 : 力のおごり. 鹿島平和研究所選書. 平泉渉 (翻訳). 鹿島研究所出版会 year = 1968. NCID BN05434830. 
  2. ^ Apple Jr, R. W. (1995年2月10日). “J. William Fulbright, Senate Giant, Is Dead at 89”. ニューヨークタイムズ. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9A0CE7DB1E30F933A25751C0A963958260&sec=&spon=&pagewanted=2 2010年5月5日閲覧。 
  3. ^ Harris, David (1979年9月9日). “Swanson Saga: End of a Dream”. ニューヨークタイムズ 
  4. ^ Johnson, Walter (1965). The Fulbright Program : a history. University of Chicago Press. NCID BA35566872. 
  5. ^ Fulbright, J. William (James William) (1976). World peace and international exchanges. 岩谷元輝; 松下菊人. Shohakusha. NCID BA45399325,. 
  6. ^ Jenkins, Hugh M. (1983). Educating students from other nations. Jossey-Bass higher education series. Jossey-Bass Publishers. NCID BA03993931. 
  7. ^ Cruz, Isagani R (1996) (英語). J. William Fulbright Memorial lectures, 1995-1996 (奨学金受給者フィリピン同窓会による追悼講演集). Philippine Fulbright Scholars Association. NCID BA45446028. 
  8. ^ 上院外交委員会への関係者聴取報告書 Morse, Wayne L. (Wayne Lyman); Fulbright, J. William (James William); Robinson, Frank M. (1966 series = A Greenleaf classic). The truth about Vietnam : report on the U.S. Senate hearings. Kemp, Earl. Greenleaf Classics. NCID BA35043648,. 
  9. ^ Fulbright, J. William (James William) (1973). Views on foreign assistance policy : comments by individuals and organizations concerning United States foreign assistance policy. Submitted to the Committee on Foreigh Relations, United States Senate. アメリカ合衆国上院外交委員会. U.S. Government Printing Office. NCID BB00313164. 
  10. ^ NYタイムズ 1995.

関連項目編集

関連文献編集

映像外部リンク
  Presentation by Randall Bennett Woods on Fulbright: A Biography, August 22, 1995, C-SPAN
  • 外務省情報文化局 (1956). フルブライト法による「日米教育交換計画」の概要 : 在日合衆国教育委員会について. 外務省. NCID BA40515495. 
  • 角間隆; 阿部斉; 鳥羽欽一郎; 佐藤忠; 青山南; 山際淳司; 白石かず子; 山内大介 et al. (1984). ケネディの時代. 人物アメリカ史. 猿谷要、城山三郎、常盤新平 (編). 集英社. NCID BN0146475X. 
  • Fulbright, J. William (James William) (1991). 権力の驕りに抗して : 私の履歴書 = Against the arrogance of power. 勝又美智雄 (翻訳). 日本経済新聞社. NCID BN06793442. 
    • 文庫に改題。Fulbright, J. William (James William) (2002). 権力の驕りに抗して. 日経ビジネス人文庫. 勝又美智雄 (翻訳). 日本経済新聞社. NCID BA58993045. 
  • Woods, Randall Bennett (1998) (英語). J. William Fulbright, Vietnam, and the Search for a Cold War Foreign Policy (abridged ed.). Cambridge University Press. ISBN 9780521588003. https://books.google.com/books?id=Jtfq2gDSVRoC&dq=. 

関連分野の資料編集

外部リンク編集