メインメニューを開く
楊炯・『晩笑堂竹荘畫傳』より

楊 炯(よう けい、生年不詳 - 692年)は中国・代初期の詩人。字は不詳。王勃盧照鄰駱賓王とともに「初唐の四傑」と称せられる。

略伝編集

華陰県陝西省)の出身。幼時から慧敏でよく文章を作り、661年に神童に挙げられ校書郎を授けられた。681年、崇文館学士になった。則天武后の時代に梓州司法参軍に左遷されて、のち盈川の令となった。著に『盈川集』がある。

従軍行
烽火照西京  烽火は西京を照らし
心中自不平  心中 自ら平らかならず
牙璋辞鳳闕  牙璋 鳳闕を辞し
鉄騎繞竜城  鉄騎竜城を繞(めぐ)る
雪暗凋旗画  雪暗くして旗画は凋し
風多雑鼓声  風多くして鼓声みだる
寧為百夫長  寧ろ百夫の長たらん
勝作一書生  一書生となるに勝れり


夜送趙縦
趙氏連城璧  趙氏連城の璧
由来天下伝  由来天下に伝う
送君還旧府  君が旧府に還るを送れば
明月満前川  明月は前川に満つ