メインメニューを開く

楠不伝

楠 不伝(くすのき ふでん、生没年不詳)は江戸時代前期の武士[1]楠木正辰の子、楠木正虎の孫[1]。本名は良清、通称嘉兵衛[1]

自らも兵法家(軍学者)として天正年間には堀内氏に仕え、後に竹坊氏を継いだ[1]

江戸由比正雪などに楠流軍学を教えた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus (2015年9月). “楠不伝 くすのき ふでん”. コトバンク. 2016年12月22日閲覧。

関連項目編集