メインメニューを開く

楠木氏(くすのきし)は、河内国豪族で、南北朝時代に活躍した南朝方の武家。「楠氏」と表記される事もある。

楠木氏
家紋
菊水(きくすい)[1]
本姓 橘氏
越智氏伊予橘氏)?[2]
種別 武家
主な根拠地 河内国
著名な人物 楠木正成[3]
支流、分家 木俣氏[4][5]武家華族(男爵))
河内和田氏武家
河内氏(武家)
橋本氏(武家)
内ヶ島氏?(武家)
蜂須賀氏?(武家)
千子正重[4](刀工名跡)
凡例 / Category:日本の氏族

目次

歴史編集

本姓は橘氏[3]。一般に伊予橘氏越智氏の分家)の橘遠保の末裔という(『系図纂要』など)。しかし、楠木正成以前の系図は諸家で一致せず、確実なのは、河内の悪党棟梁格だったことである。

尊卑分脈』(橘氏系図)や『太平記』は正成の出自を橘氏嫡流系統の為政の後裔とする。

また諸家には、同じく橘姓の熊野国造和田氏の出身とする系図も多く(『古代氏族系譜集成』参照)、最も有力視されている[要出典]正成の一族以外の子孫が多く和田氏を称しているのは、和田氏に復したものと考えられる[要出典]

戦後、名和氏と同じく辰砂の採掘権と技術を有した商人的武装集団の頭目説、散所長者説などが出された[要出典]が、いまだ定説は存在しない。また、河内国の金剛山観心寺領の在地豪族ともされる[要出典]が、河内国や近隣には「楠木」という苗字の元となる地名はない[要出典]

東国武家集団が北条得宗家の被官御内人)として、赤松氏と共に播磨や摂津・南河内・和泉など北条氏の守護国などの得宗領に移住し、そのまま土着したとする説もある。『吾妻鏡』によると、楠木氏は元は関東にいた御家人で、玉井氏・忍氏・岡部氏・滝瀬氏ら武蔵七党横山党猪俣党と並ぶ家柄であり、もともとは利根川流域に基盤をもつ東国武士の有力集団の一派だったという。また、駿河国入江荘楠木村(現静岡市清水区)を出自とする武士ともいう[要出典]鎌倉幕府1293年に楠木村を鶴岡八幡宮に寄進したという記録があるうえ、当時幕府の有力御家人だった長崎氏の出自は楠木村の隣の長崎郷で河内に領地を保有していた[要出典]その関係で楠木氏が河内に移ったと言う。1333年の公家の日記に「楠木の根は鎌倉に成るものを……」と言う落首が記録されていることも楠木氏が元々東国の出身だったことを意味していると言われている[要出典]。なお、現在も清水区には「楠」「長崎」の地名が残っている。(古文書には「楠木」、「楠」両方出てくる)。

他に、秦氏の系統とする説[要出典]熊野新宮神職楠氏の系統とする説(『熊野年代記』)もある。

史料上はっきり記されているのは、鎌倉時代後期に楠木正成後醍醐天皇が鎌倉幕府に対して挙兵した元弘の乱において宮方に従い、幕府滅亡後に成立した建武政権に加わり、南北朝時代南朝(吉野朝廷)方として活躍した以降である。

その後正成の子の正行正時や、正成の弟の正季などは北朝足利尊氏との戦いで戦死し、生き残った正成の子の正儀は南朝零落後にも有力武将として活躍し、北朝との和睦を仲介する。その後、正儀の子孫は播磨国平木氏を名乗ったとも言われている[要出典]

南北朝合一以降編集

楠木氏の一族はほとんどが南朝方についた。そのため、南朝の衰退と共に一族も没落した。南北朝合一後に後南朝の武将としても楠木正秀楠木光正ら楠木氏一族が確認できる。北朝を擁立した足利幕府の時代に朝廷(北朝)に仇をなしたとして逆賊として扱われていた。寛正元年(1460年)3月28日に楠木氏の一族が処刑された際に東福寺大極正易はその日記(『碧山日録』)に楠木氏は無辜の民を戮殺した積悪の報によって滅びたと記している。

ところが、『太平記』の流布によって正成に対する同情的な見方が広がった戦国時代には楠木正成の末裔と自称する楠木正虎なる人物が現れ、逆賊扱いであった楠木氏の名誉回復のために、朝廷や松永久秀に援助を求めて名誉回復に尽力した[6]。その結果、永禄2年(1559年)11月20日に楠木氏は正親町天皇より朝敵の赦免を受けることになった。後に正虎は能書家として織田信長豊臣秀吉からも重用された。もっとも、正虎の家系は北畠氏に仕えた伊勢国人くす氏(伊勢諏訪氏)の末裔が河内に移住して正成の末裔を名乗ったもので、正成との血縁関係はないとも言われている[7]

俗説では、江戸時代慶安の変を起こした由井正雪が正虎の子孫という楠木不伝に軍学を学び、その養子となったというが、これは実録小説『慶安太平記』などの脚色である[8]

南朝が正統な朝廷とする史観が定着すると、楠木正成や楠木氏は忠臣の代表として賞賛され、顕彰されるようになる。しかし、明治政府の国家権力をもってしても、楠木氏末裔を称する氏族は数多いものの、楠木氏の直系の子孫を確認する事はできなかった[要出典]。そのため、同じ南朝の忠臣でも、菊池氏名和氏などは子孫が華族に列したが、楠木氏からは華族は生まれていない。 ただし、傍系であれば華族になった者はおり、伊勢楠木氏庶流木俣氏井伊家家老を代々務めた氏族のため、男爵に叙されている[4][5]。 もっとも、木俣氏中興の祖である木俣守勝には実子が無く、養子の守安が木俣氏当主を継いだため、現在の木俣氏宗家は楠木氏と血筋上の繋がりは無い。

明治末から昭和初期の作詞家野口雨情の先祖は、正成の弟にあたる楠木正季であるという[要出典]。また、地理学者地球物理学者南極観測隊長を3次にわたって務めた楠宏は楠木正成の子孫にあたるという[要出典]

1937年(昭和12年)5月25日に、楠木氏子孫によって、湊川神社内に楠木同族会が結成された[9]。 初代会長は伊勢楠木氏末裔の山下太郎である[9]

歴代当主編集

伝統的には楠木氏は橘氏の後裔とされ、正成の父は橘正遠(楠木正遠)とも言われるが、確実なところははっきりとしないため、ここでは仮に正成を初代とする。正勝とそれ以降の当主の生没年は『全休庵楠系図』に基づく。

  1. 楠木正成(1294年? - 1336年)
  2. 楠木正行(1326年? - 1348年)
  3. 楠木正儀(1330年? - 1383年?)
  4. 楠木正勝(1351年 - 1400年)
  5. 楠木正顯(1377年 - 1438年) - 伊勢楠木氏初代
  6. 楠木正重(1403年 - 1456年)
  7. 川俣正重(1427年 - 1488年) - 川俣氏に改氏
  8. 川俣正重(1449年 - 1525年) - 父と同姓同名
  9. 川俣正充(1477年 - 1527年)
  10. 楠木正忠(1498年 - 1574年) - 1559年に先祖朝敵御免を得て復姓
  11. 楠木正具(1516年 - 1576年)
  12. 楠木正盛(1569年 - 1584年)

伊勢楠木氏編集

伊勢楠木氏は、正成曾孫正顯応永の乱における応永6年12月末(1400年1月)の堺落城により伊勢国へ落ち延びたことをもって始まり、 第8代当主楠木盛信小牧・長久手の戦い中の加賀野井城落城により天正12年5月7日(1584年6月14日)に敗死したことをもって断絶する系統[4]。 ただし、血筋上の長子直系である刀工・千子正重の系統は少なくとも1662年ごろまでは存続したことが刀剣銘によって確認できる [10]。 楠木氏棟梁楠木正儀の息子の数や長幼については不明とされる点が多く確かなことはわからないが、 伊勢楠木氏の家系図は正顯の父正勝を正儀の長男にして「南朝棟梁之臣」と主張しており[4]、その主張を信じる限りにおいてはこの系統が楠木氏嫡流ということになる。

伊勢楠木氏最大の特徴とも言えるのが、当主を含む多数の人材が、伊勢国桑名の刀工村正を祖とする千子派の刀工となったことである。 第2代当主の初代正重と第3代当主の二代正重は村正に弟子入りし、刀鍛冶の技を教え込まれた[4]。 千子正重は200年以上続く千子派の一大派閥になり、桑名宗社の奉献刀の正重に寛文2年1月(1662年)の銘が切ってある[10](刀工としての正重は楠木でも橘でもなく藤原の銘を打つが、身分を隠したのか師の村正が藤原であることに拠ったのかは不明)。 二代正重の次男である千子正真の一派も名工として知られ、酒井忠次の愛刀猪切や本多忠勝の愛槍蜻蛉切などが正真の作である(蜻蛉切については同名の別人の正真という説もある)[11][12]。 他に伊勢楠木氏から出た刀工として、雲林院政盛や坂倉関正利などがいる[4]。正利は良業物に位列され[13]、代表的な作品として丹羽氏次の愛槍「岩突」などがある[14]

第2代当主楠木正重(初代正重)は後南朝の争いには加わらなかったが、弟の楠木正威禁闕の変(1443年)に参加して死亡[4]、のちにもう一人の弟楠木正理も文安4年12月(1448年1月)紀伊国北山の蜂起(護聖院宮#その後)に加わったが戦死している[4]。第3代当主である二代正重は、楠木姓を避けて川俣正重を名乗り、伊勢川俣氏の祖となった[4]。 四代正重は当主の座を継がず、傍系の正充が第4代当主三代正重の養子となって第5代当主を継いだ[4]。その息子の第6代川俣正忠の時代に、楠木氏が朝廷から先祖朝敵御免を得た(楠木正虎の項目を参照)ことにより、楠木に復姓するよう六角氏から通達され、楠木正忠となる[4]

伊勢楠木氏中興の祖、第7代正具北畠具教家臣となり、北畠本拠大河内城に住居を移す[4]。『勢州軍記』によると、神戸具盛(血筋は北畠)の男子を楠木氏の婿に入れるなど、北畠家との関係強化に努めていたらしい[15]。永禄4年(1561–1562年)には八田城に移り、尾州への押さえを任じられる(正具が八田城主になったとする説があるが、藤田精一は当時の記録から見て、本来の城主は大多和氏であって、正具は臨時の守将として城を守っただけであるとする[16])。 永禄10年(1567年)、第6代正忠は織田軍の攻撃に対し楠城に籠城して奮戦するも衆寡敵せず降伏[17]。恭順して高岡城攻略に参加するそぶりを見せた後に、すぐに離脱した[17]。 同年、第7代正具も八田城に籠城するが、こちらはわずか500の手勢で織田軍を撃退している[18]。 永禄11年の織田軍の再侵攻にも正具は籠城戦で勝利するが、主家の北畠氏が信長に降伏し、孤立無援となってしまった[18]。 そのため伊勢を出奔した正具は、永禄12年(1569–1570年)本願寺に入り剃髪して顕如[4]の客将となる。 元亀2年(1571年)、信長の意向で第6代正忠が強制的に隠居させられたため、家督は正式に第7代の正具へ移った[19]。 その後、正具は顕如配下として織田軍と戦うが、天正4年(1576年)天王寺の戦いで落命。

第7代正具には男子がなかったため、娘の子が第8代当主楠木正盛(盛信とも)として後を継いだが、天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦い峯城の戦いに織田信雄側で参加し敗北、のち加賀野井城でも敗北し、わずか数え16歳で斬首されて伊勢楠木氏の嫡流は絶えた[4]

伊勢楠木氏庶流編集

正富とその甥の名称不明の人物は神戸(今の三重県鈴鹿市神戸)に移住して木俣氏の祖となり、その子孫の木俣守勝徳川家康井伊直政に仕えて後裔が彦根藩家老の家格、明治に至って男爵に叙された[4][5]。ただし、守勝には実子が無く、養子の守安が木俣氏当主を継いだため、現在の木俣氏宗家は楠木氏と血筋上の繋がりは無い。

アラビア石油創業者山下太郎とその縁戚が所有する『山下・楠 楠系図』によれば、 第7代正具は顕如の客将となってから討死するまでに正実という息子を儲けており、 正実は伊勢神宮外宮御師橘季家の養子となって橘正実となり、御師の名跡としては代々「朝田彦太夫」(従四位の家格)を名乗り、その傍系が現在の秋田県横手市平鹿に移って楠に復姓し、途中で楠氏と山下氏の二氏に分かれ、その山下氏の嫡流が山下太郎であるという[20]。 山下太郎は湊川神社に大鳥居や神饌田などの寄進を行い、楠木同族会初代会長を務めている[9]

三重県津市高野尾町の旧家高楠家に残る『高楠系図』によれば、第7代正具が伊勢長島城落城後に流浪して、近江篠原村滞在中にもうけた息子が楠一角正治、その正治の子が高楠家初代である伝三郎だという[21]。高楠家第10代当主邦三郎の弟、孫三郎の婿養子になったのが仏教学者高楠順次郎である[21]

系譜編集

概観編集

凡例 太線は実子、細線は養子、□は名不詳な男児。

  正遠(正遠以前は伊予橘氏の系譜を参照のこと)
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  正成                                   正季      正家
  ┣━━━┳━━━┓                            ┣━━━┳━━━┓
  正行  正時  正儀                            高家  賢秀   □
  ┣━━━┓   ┣━━━┳━━━━━━━━━━┳━━━┳──┐      ┃   ┃   ¦
  正綱  教正  正秀  正勝         正元  正則 正信      □   秀氏  正繁
  ┃       ┃   ┣━━━━━━┓       ┃  ¦      ┃    ¦   ¦
  正倶      正盛  正顯     正眞      則綱 算行      正式  正家  正治
  ┃       ┃   ¦      ¦       ¦  ┣━━━┓  ┃       ┃
  正隆      盛信  正忠     正治      久明 算長  妙算 正種      正房
  ┃       ┃   ┃      ┃       ┃  ┣━━━┓          ┃
  正理      盛宗  正具     正継      久栄 算正  照算         正述
  ┃       ┃   ┝━━━┓  ┣━━━┓   ┃  ┃              ┃
  行康      盛秀  盛信  正実 正教  正世  久宗 重長             正親
  ┃       ┃
  正俊      長成
  ┃       ┃
  正良      成隆
  ┃       ┃
  良治      正虎
      ┏━━━┫
      正辰  玄正
      ┃
      良清

伊勢楠木氏編集

凡例

  • 原則的に藤田精一版『全休庵楠系図』[4]に依る(第8代当主盛信のみ『楠木町史』から「正盛」としてある)。同系図は伊勢村田氏が記したもの。塩冶高貞後裔の村田氏が南朝崩壊とともに伊勢の関(現在の亀山市関町)に逃れ、以降は伊勢楠木氏が滅亡するまで伊勢楠木氏と緊密な連携をとっていた[22]。特に、第8代盛信は村田氏の人と第7代正具の娘の間に生まれた子である[23]。その間の事情と系図を慶安(1648–1652)ごろに村田倶信(号を全休庵)が輯録し、それをその子孫の大津市在住村田利一郎が所蔵していたものであるという[22]
  • 実線は実子、破線は養子。実の兄弟姉妹では左にいるものほど年長。
  • 数字は家督継承順。
  • 千子派の刀工となったものには千の文字を振った。
  • 同系図では4人目の正重に子がいるかは記されてないが、桑名宗社に残る刀剣から子孫のいることが明らかなので線を補った[10]


正顯1
正重2正理正威
正重3正富正資
正重4正真正澄
正真政盛木俣氏
正重正徳正充5
正統正利正忠6
政統正頼正胤正具7
正依
正盛8

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 太田 1934, pp. 2053-2054.
  2. ^ 太田 1934, p. 2054.
  3. ^ a b 太田 1934, p. 2053.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 藤田 1938, pp. 31–37.
  5. ^ a b c 藤田 1938, pp. 57–62.
  6. ^ 太田 1934, pp. 2057-2058.
  7. ^ 村田 1983, p. [要ページ番号].
  8. ^ 高木 1994.
  9. ^ a b c 湊川神社 (2012年). “楠木同族会|湊川神社(楠公さん)-神戸市中央区”. 2018年8月25日閲覧。
  10. ^ a b c 文化庁 (2016年2月3日). “太刀 銘 勢州桑名藤原千子正重 寛文元年十二月及び同二年正月 文化遺産オンライン”. 2018年8月25日閲覧。
  11. ^ 福永 1993, 1巻, pp. 107-108.
  12. ^ 福永 1993, 5巻, pp. 77–78.
  13. ^ 福永 1993, 5巻, p. 83.
  14. ^ 福永 1993, 1巻, pp. 120–121.
  15. ^ 藤田 1938, pp. 75–76.
  16. ^ 藤田 1938, p. 76.
  17. ^ a b 藤田 1938, p. 121.
  18. ^ a b 楠町史編纂委員会 1978, p. 86.
  19. ^ 楠町史編纂委員会 1978, p. 83.
  20. ^ 藤田 1938, pp. 1-28.
  21. ^ a b 藤田 1938, pp. 92–97.
  22. ^ a b 藤田 1938, pp. 29–30.
  23. ^ 藤田 1938, p. 79.

参考文献編集

  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「楠木 クスノキ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2053-2061頁。全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/120 国立国会図書館デジタルコレクション   
  • 楠町史編纂委員会編 『楠町史』 楠町教育委員会、1978年。doi:10.11501/9569871NDLJP:9569871 
  • 福永酔剣 『日本刀大百科事典』 雄山閣、1993年。ISBN 4-639-01202-0 
  • 藤田精一 『楠氏後裔楠正具精説』 湊川神社、1938年https://books.google.com/books?id=uNCICrX8iU4C 
  • 村田正志、「楠文書の研究」 『続南北朝史論』 思文閣出版〈村田正志著作集, 第2巻〉、1983年8月。 NCID BN01669162 (初出:『國學院雑誌』62巻9号、1961年9月)
  • 高木昭作、「由比正雪」 『日本大百科全書小学館、1994年。 

関連項目編集

外部リンク編集