メインメニューを開く

由井 正雪(ゆい しょうせつ/まさゆき、慶長10年(1605年) - 慶安4年7月26日1651年9月10日))は、江戸時代前期の日本軍学者慶安の変(由井正雪の乱)の首謀者である。名字油井遊井湯井由比油比と表記される場合もある。

生涯編集

出自編集

出自については諸説あり、定かではない[1]

江戸幕府の公式文書では、駿府宮ケ崎の岡村弥右衛門の子としている。『姓氏』(丹羽基二著、樋口清之監修)387頁には、坂東平氏三浦氏庶家とある。出身地については駿府宮ケ崎町との説もある。

河竹黙阿弥歌舞伎樟紀流花見幕張』(慶安太平記)では、慶長10年(1605年)、駿河国由井(現在の静岡県静岡市清水区由比)において紺屋・吉岡治右衛門の子として生まれたという。治右衛門は尾張国中村生まれの百姓で、同郷である豊臣秀吉との縁で大坂天満橋へ移り、染物業を営み、関ヶ原の戦いにおいて石田三成に徴集され、戦後に由比村に移住して紺屋になる。治右衛門の妻がある日、武田信玄が転生した子を宿すと予言された霊夢を見て、生まれた子が正雪であるという。

前半生編集

17歳で江戸の親類のもとに奉公へ出た。

「楠木正雪」あるいは楠木氏の本姓の伊予橘氏越智姓)から「由井民部之助橘正雪」(ゆいかきべのすけたちばなのしょうせつ/まさゆき)と名のり、神田連雀町の長屋において楠木正辰の南木流を継承した軍学塾「張孔堂」を開いた(俗説では楠不伝の教えを受け、その後を継いだとされる)。塾名は、中国の名軍師と言われる子房諸葛に由来している。道場は評判となり一時は3000人もの門下生を抱え、その中には浪人のほか諸大名の家臣や旗本も多く含まれていた[1]

慶安の変編集

 
菩提樹院の首塚

慶安4年(1651年)、江戸幕府第3代将軍徳川家光の死の直後に、幕府政策への批判と浪人の救済を掲げ、宝蔵院流の槍術家丸橋忠弥金井半兵衛熊谷直義など各地で浪人を集めて挙兵し、幕府転覆を計画した。決起の寸前になり計画の存在を密告され、正雪は駿府の宿において町奉行の捕り方に囲まれ自刃した。享年47。首塚は静岡市葵区沓谷の菩提樹院に存在する。

大名取り潰しによる浪人の増加が社会不安に結びついていることが事件の背景にあるとして、4代将軍徳川家綱以降の政治が武断政策から文治政策へ転換するきっかけの一つとなった。

『慶安太平記』編集

江戸時代の実録小説『慶安太平記』で大幅に潤色され、楠木正成楠木正虎の血を引く軍学者楠木不伝に軍学を学んで養子となったなどとされるが、小説の内容であって事実ではない[2]

関連施設編集

  • 静岡市清水区由比地区に正雪の生家とされる染物屋がある。※正雪紺屋と呼ばれている。

登場作品編集

関連書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 由比正雪(ゆいしょうせつ)とは”. コトバンク. 2019年6月1日閲覧。
  2. ^ 高木 1994.

参考文献編集