楠木 正綱(くすのき まさつな、 興国7年/貞和2年(1346年) - 没年不詳)は南北朝時代の武将。左近衛中将を称した。子に楠木正倶

父の正行四条畷の戦いで戦死したとき、2歳だったという。正綱もまた南朝の武将として仕えた。

長禄の変に参加した楠木正理は曾孫にあたる。

関連編集