メインメニューを開く

楢崎 元好(ならさき もとよし)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将楢崎氏備後国芦田郡久佐[1]朝山二子城(楢崎城)を本拠とした国人で、毛利氏の家臣となる。長州藩士。父は楢崎景好

 
楢崎元好
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄5年(1562年
死没 寛永8年5月1日1631年5月31日
別名 通称:吉蔵→与兵衛尉
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 湯原姓楢崎氏
父母 父:楢崎景好
兄弟 元好元景就豊元重
正室:宍戸元富の娘
継室:光井右京の娘
就継就正奈古屋正氏、女(友田隆兼室)
テンプレートを表示

生涯編集

永禄5年(1562年)、楢崎景好の嫡男として生まれる。

慶長2年(1597年)から始まる慶長の役において、元好は従兄弟の元兼政友らと共に毛利秀元に従って朝鮮に渡ったが、同年9月18日に元兼が釜山で病死した。元兼には嗣子がいなかったため、元好が跡を継いだ。

寛永8年(1631年5月1日、死去。享年70。嫡男の就継が跡を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 現在の広島県府中市久佐町。

参考文献編集