この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

極東(きょくとう、Far East)とは、東アジア東北アジア東南アジアの一部地域を示す言葉。

極東

地政学・政治学上の極東編集

ヨーロッパアメリカ及び経度から見て、最も東方を指す地政学あるいは国際政治学上の地理区分。日本中国甘粛省四川省台湾極東ロシア朝鮮半島辺りの地域を指す。

歴史的には、ヨーロッパからみて最も遠くにある地域として名付けられた[1]。ヨーロッパにより近い地域は19世紀には「中近東(Near and Middle East)」の呼び方が一般的だった[1]。しかし、20世紀になって中東(Middle East)の概念が用いられるようになったことで、極東(Far East)、中東(Middle East)、近東(Near East)に三分した呼称で地域が区分されるようになった[1]。極東は列強諸国の進出が争われている地域、中東はイギリスからインドに至る要路に存在する地域、近東は東方問題が焦点になっている地域として捉えられた[2]。なお、当初の中東と近東の概念は第二次世界大戦後に定着したものとは範囲が大きく異なる[2]

1941年12月15日、内閣情報局は「極東」の字句は「イギリスは世界の中心なりとの観念の上に組み立てられたものである」として、次官会議を通じて公文書新聞雑誌、宣言、決議などから「極東」を排除したいとの提言を行い認められた[3]。このため第二次世界大戦中の日本では使用頻度が減少した。

極東、中東、近東の区分については、第二次世界大戦後、中近東の区別が次第に使われなくなり「中東」にまとめられる傾向がある[4]近東を参照)。

日米安全保障条約が定義する極東編集

日米安全保障条約第6条では極東における国際の平和及び安全の維持に寄与を目的に米軍が在日米軍施設を利用できる極東条項が規定されている。極東の範囲について日本政府は「大体においてフィリピン以北、日本及びその周辺地域」と解釈している。なお、日本の解釈に基づくこの場合の周辺地域には、日本韓国台湾フィリピンパラオなどが含まれるとされる。台湾の領有権を主張する中国は日米安保条約の台湾適用を反発している。

ロシア極東編集

ロシアで極東(Дальний Восток)というと、ロシア極東または極東ロシア (Дальний Восток России) の意味で使うことが多い。

現代の行政区画としては連邦管区の一つである極東連邦管区が置かれている。本部はハバロフスクに置かれる。人口は716万9400人でロシア全体の4.9%、面積は36%である。このうちサハ共和国は極東に含めないこともある。

軍事面では極東軍管区(現在は東部軍管区の一部)が置かれている。

1920年~1922年には極東共和国が存在した。範囲は極東連邦管区とはややずれている。

ロシアでは、他国で言う極東を表したいときは、極東 (Дальний Восток) とも言うが、誤解を避けるためにはアジア太平洋地域 (Азиатско-Тихоокеанский регион = АТР) や東アジア (Восточная Азия) などと言い換える。

出典編集

  1. ^ a b c 栗田禎子「中東情勢と日本・世界のゆくえ」『公共研究』第13巻第1号、千葉大学、 178頁。
  2. ^ a b 池内恵. “「中東」概念の変容  中国・インドの台頭と「西アジア」の復活?”. 中東協力センターニュース 2018・7. 2020年6月30日閲覧。
  3. ^ 「極東」の字句を使わず、次官会議で一致『朝日新聞』(昭和16年12月16日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p555-p556 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  4. ^ 畑中美樹. “最近の中東情勢と世界経済への波及”. 中経連 2020.1. 中部経済連合会. 2020年6月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集