メインメニューを開く

榊原千代

日本の雑誌記者、教育者、政治家

榊原 千代(さかきばら ちよ、1898年7月15日[1]1987年4月28日)は日本の雑誌記者、教育者、政治家。衆議院議員(2期)。旧姓は間野[2]

来歴編集

現在の静岡県三島市出身[1]。フェリス和英女学校を経て、1919年青山女学院英文専門科卒。雑誌「婦人の友」記者、自由学園教授などを経て、1928年榊原巌と結婚。結婚後、夫とともにドイツイギリスに留学する。

帰国後、夫が福島経済専門学校(現福島大学経済経営学類)教授に就任したことにより福島県に移り、福島高等女学校で教鞭を執る。戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙に福島県から立候補して当選する。翌年の第23回衆議院議員総選挙でも再選。片山内閣で司法政務次官に就任した。1949年第24回衆議院議員総選挙で落選。

落選後は東京家庭裁判所調停委員などを務めた[3]。また、フェリス女学院理事長、青山学院理事、聖光学院長などをつとめた[4]

1987年死去。

脚注編集

  1. ^ a b 『新しき明日の来るを信ず-はじめての女性代議士たち』168頁
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  3. ^ 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』292頁
  4. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus

参考文献編集