メインメニューを開く

榛谷氏(はんがやし)は、桓武平氏良文流坂東八平氏の一つ秩父氏の一族である。 小山田有重の四男である重朝が、支配を任された榛谷御厨に因んで、榛谷氏を称した。

榛谷氏
No image available.svg
本姓 桓武平氏良文流秩父氏流
家祖 榛谷重朝
種別 武家
出身地 武蔵国秩父郡
主な根拠地 武蔵国都筑郡榛谷御厨
凡例 / Category:日本の氏族

1205年、同族の畠山氏北条氏との抗争に巻き込まれ、三浦義村に滅ぼされる。


系図編集

 秩父重弘
  ┣━━━━━┓
 畠山重能  小山田有重
  ┃     ┣━━━━┳━━━━━━━┳━━━┳━━━━┓
 畠山重忠  稲毛重成 榛谷重朝    森行重 田奈有朝 小山田重親
        (三郎)  (四郎)    (五郎)  (七郎)   (八郎)
             ┣━━━━┓
            榛谷重季 榛谷秀重
             (太郎)  (二郎)

榛谷御厨編集

保安3年(1122年)に成立した伊勢神宮(内宮)の荘園御厨)。 小山田氏一族が支配地一帯の所領安堵のため寄進したもので、寄進後も在地領主として支配を維持していた。 榛谷氏滅亡後は鎌倉幕府に没収され、室町時代西園寺公重の支配となり、北条早雲の坂東制覇により北条一族に分与されて消滅した。

現在の神奈川県横浜市保土ケ谷区旭区都筑区一帯で、現在も二俣川に字名として「半ヶ谷」の地名が残る。

また「はんがや」が訛化して「ほどがや」になったという説もあるが、「保土ヶ谷区史」などにおいては否定的な見解が示されている。

関連項目編集