槇村さとる

日本の漫画家

槇村 さとる(まきむら さとる、1956年10月3日[1] - )は、日本漫画家[2]東京都[1]葛飾区出身。東京都立工芸高等学校工芸デザイン科卒業。女性[2]

槇村 さとる
生誕 (1956-10-03) 1956年10月3日(66歳)[1]
日本の旗 日本 東京都
活動期間 1973年 -
ジャンル 少女漫画女性漫画
公式サイト 槇村さとる公式ページ 人生の穴
テンプレートを表示

来歴・人物編集

思春期に父親から性的虐待を受け、そのトラウマから逃れるために漫画を描き始める[3]1973年、高校1年で『別冊マーガレット』(集英社)に掲載の「白い追憶」でデビュー[1][3]1978年に同誌でフィギュアスケートを題材にした『愛のアランフェス』を連載。1980年代には、ジャズダンスを題材にした『ダンシング・ゼネレーション』、アイスダンスを題材にした『白のファルーカ』などを発表して活躍。

高校卒業後、メーカーに就職したが、漫画の原稿料が給料を上回ったので退職し専業作家になる[3]1990年代には『ヤングユー』(集英社)など、大人の女性向け漫画誌に活動の舞台を移す。他に代表作として、テレビドラマ化された『イマジン』『おいしい関係』『Real Clothes』など。

父親から受けた虐待のトラウマを35歳で克服し、その経験を綴った自伝的エッセイ『イマジンノート』を2002年に出版[3]。選択的夫婦別姓制度導入がなされないため、42歳で性人類学者キム・ミョンガン事実婚愛知淑徳大学にて非常勤講師として年1回教鞭をとっている。

作品リスト編集

書籍編集

マーガレットコミックスから刊行されたものより、集英社にて順次漫画文庫化が進んでいる。

マーガレットコミックス集英社
  • 放課後(1977年5月20日)
  • ディスコ・ベイビー(1978年1月20日)
  • 青春志願(1978年6月20日)
  • 氷のミラージュ(1979年2月20日)
  • 愛のアランフェス(1979年6月30日 - 1980年11月、全7巻)
  • クリスタル・レイン(『氷のミラージュ』収録)
  • 青春志願-明日のヒーロー(1981年5月)
  • 鏡の中のアリス(1982年1月30日)
  • ダンシング・ゼネレーション(1982年3月30日 - 1982年11月30日、全4巻)
  • N★Yバード(1983年 - 1984年、全3巻) ※『ダンシング・ゼネレーション』の続編的コミック。
  • スキャンダル8 1/2(1984年6月)
  • フット・ステップ(1985年)
  • ダイヤモンド・パラダイス(1984年11月 - 1985年4月、全3巻)
  • しなやかに夜は踊る(1986年)
  • 半熟革命(1986年、全3巻)
  • ベルベット・アーミー(1987年、全2巻)
  • 白のファルーカ(1987年 - 1989年、全8巻)
  • NGダンディー・OKレディー(1988年)
  • まみあな四重奏団(1988年 - 1989年)
  • ピーナッツ戦線(1989年)
  • 勝手にしやがれ(1990年)
  • 赤とうがらし物語(1990年)
  • コクーン荘1x1(1991年)
  • シンパシー-失われたささやき(1991年)
  • ラブ・ストーリー19XX(1991年)
  • ダブルヴィジョン(1992年)
  • クレヨンの王様(1992年)
  • フェイク(1992年)
  • God Bless You(1993年)
  • うさぎ(1993年)
  • 華のなまえ(1993年)
  • YES!(2012年、全3巻)
  • モーメント 永遠の一瞬(『Cocohana』2014年3月号[4] - 連載中、既刊17巻)
YOUNG YOUコミックス(集英社)
  • ピタゴラスの定理(1992年)
  • おいしい関係(1993年 - 2000年、全16巻)
  • イマジン(1994年 - 1999年、全11巻)
  • ボレロ(1998年)
  • お天気予報(2000年)
  • ヒューマンステップス(2000年)
  • imagine29(2000年 - 2001年、全3巻)
  • Do Da Dancin'!(2001年 - 2005年、全9巻)
  • 恋のたまご(2002年 - 2004年、全4巻)
クイーンズコミックス(集英社)
  • BELIEVE(2004年 - 2006年、全7巻)
  • ヒロインの条件(2006年)
  • Real Clothes(2007年 - 2011年、全13巻)
OFFICE YOUコミックス(集英社)
その他単行本
  • 人生の穴 ときどき落ちても大丈夫-槇村さとる対談集(2005年、集英社)
  • イマジン・ノート(2002年、集英社)
  • ふたり歩きの設計図(2003年、集英社)
  • あなた、今、幸せ?(2005年、集英社、キム ミョンガンと共著)
  • スタイル・ノート(2006年、幻冬舎
  • Do Da Dancin'!バレエエッセンス 槇村さとるに夢中(2007年、集英社)
  • おとな養成所(2010年、光文社

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d コミックナタリー - 槇村さとるのプロフィール”. 株式会社ナターシャ. 2013年3月2日閲覧。
  2. ^ a b 槇村 さとる(漫画家)”. マンガペディア. 2022年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c d ターニングポイント「槇村さとる」全国労働者共済生活協同組合連合会「暮らしのお役立ち情報 今月の生きるヒント」
  4. ^ “槇村さとるが描く女子フィギュアの世界、Cocohanaで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年1月28日). https://natalie.mu/comic/news/108653 2022年1月3日閲覧。 

外部リンク編集