メインメニューを開く

横山 智(よこやま さとし、1966年[1] - )は、日本地理学者名古屋大学大学院環境学研究科教授。 専門分野は、人文地理学ラオスを中心とした東南アジアなどにおけるフィールドワークに基づく、農山村研究であるが、発酵食品文化についての著作もある。

経歴編集

北海道生まれ[1]

大学で電子工学を専攻し、卒業後はオリンパス光学工業に勤務したが、その後、1992年から青年海外協力隊の一員として2年間ラオスに派遣された[2]

筑波大学大学院博士課程地球科学研究科地理学・水文学専攻中退後、2003年に博士論文「A geographical study on the basis for existence of mountainous villages in northern Laos(ラオス北部山岳地域における村落の存立基盤に対する地理学的研究)」により、筑波大学から博士(理学)を取得した[3]

著書『納豆の起源』(2014年・NHK出版)の業績により、『第5回(2015年) 地域研究コンソーシアム賞 研究作品賞』を受賞[4]

おもな業績編集

単著編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ a b 納豆の起源”. 四街道市立図書館. 2015年3月29日閲覧。 - 「詳細」をクリックして展開
  2. ^ 山内則史 (2015年1月27日). “『納豆の起源』 横山智さん”. 読売新聞社. 2015年3月29日閲覧。
  3. ^ A geographical study on the basis for existence of mountainous villages in northern Laos, Satoshi Yokoyama”. 国立国会図書館. 2015年3月29日閲覧。
  4. ^ 審査結果および講評(2015年度)”. JCAS:地域研究コンソーシアム. 2017年8月3日閲覧。

外部リンク編集