ポートサイド地区 > 横浜ベイクォーター

横浜ベイクォーター(よこはまベイクォーター、BAY QUARTER YOKOHAMA)は、2006年8月24日横浜駅東口に開業した商業施設である。横浜市神奈川区金港町1番地10に位置する。

横浜ベイクォーター
BAY QUARTER YOKOHAMA
BAY QUARTER YOKOHAMA 01.JPG
店舗概要
所在地 神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10
座標 北緯35度27分59.6秒 東経139度37分35.9秒 / 北緯35.466556度 東経139.626639度 / 35.466556; 139.626639座標: 北緯35度27分59.6秒 東経139度37分35.9秒 / 北緯35.466556度 東経139.626639度 / 35.466556; 139.626639
開業日 2006年8月24日
設計者 北山孝二郎+K計画事務所
店舗数 約100店
営業時間 11:00〜20:00(ショッピングフロア)
最寄駅 横浜駅
最寄IC みなとみらい出入口
テンプレートを表示
ベイクォーターとポートサイド地区
日没後の様子

概要編集

有料駐車場を営む倉庫跡地に、ヨコハマポートサイド地区における再開発の一環として建設された施設で、三菱倉庫株式会社が開発し、三菱倉庫株式会社の100%子会社である横浜ダイヤビルマネジメント株式会社が運営している。隣接地には超高層オフィスビルタワーマンションがある。

また、当施設の2階より歩行者デッキ「スカイウェイ」が伸びており、ポートサイド中央交差点を超えて同地区の各施設方面へ接続されている。

開発の経緯と隣接施設編集

ヨコハマポートサイドA-3街区における商業棟・住居棟・業務棟の総合再開発プロジェクトとして計画され、2005年横浜そごう第一駐車場として利用されていた土地に着工し、2006年に商業棟として先行開業した。隣接施設に住居棟「ナビューレ横浜 タワーレジデンス」、2009年12月完成の業務棟「横浜ダイヤビルディング[1]」がある。2010年3月、業務棟低層階にベイクォーターANNEXが拡張開業した[2][注 1](下記、「テナント」節も参照)。

テナント編集

インテリアのアクタスやサンダルのクロックスなど約75店舗が入居しており、海際に張り出した飲食店のテラス席などが特長である。2008年10月18日、日本マクドナルドとして横浜駅東口エリア初出店の横浜ベイクォーター店がオープンするなど出退店は盛んである。2010年3月19日、隣接する横浜ダイヤビルディングの3階から6階に横浜ベイクォーターANNEXが開業し、ユザワヤなど物販店を中心に25店舗が出店した。

交通編集

徒歩編集

横浜駅方面からは当施設3階に接続している、以下の2つのペデストリアンデッキによりアクセス可能である。

  • かもめ歩道橋 - そごう横浜店の2階海側より派新田間川(帷子川分水路)を横断して接続。横浜新都市センターが設置・管理している。
  • ベイクォーターウォーク[注 2] - 横浜駅きた通路方面より国道1号および派新田間川を横断して接続。

シーバス編集

2階には横浜の海上交通「シーバス」乗り場(横浜駅東口のりば)が併設され、山下公園赤レンガ倉庫みなとみらい地区ぷかりさん橋)との行き来ができる。

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 建築物としては別棟である横浜ダイヤビルディングの低層部だが、「横浜ベイクォーターの拡張」と案内されている。
  2. ^ 正式名称は「横浜駅ポートサイド人道橋」。2009年12月1日から2014年11月30日まで、三菱倉庫のネーミングライツにより「ベイクォーターウォーク」と命名[3]。契約更新により、2019年11月30日まで延長された[4]

出典編集

外部リンク編集