メインメニューを開く

横浜開港祭(よこはまかいこうさい)は毎年6月2日およびその前後、神奈川県横浜市にて開催されるイベントである。

主催は横浜市横浜商工会議所横浜観光コンベンション・ビューロー横浜青年会議所から構成される「横浜開港祭協議会」。2013年アフリカ開発会議開催の関係から6月8日9日に開催された。

開催日の由来編集

横浜港安政6年6月2日太陽暦1859年7月1日)に開港された。開港時には特にこれを祝う行事などは行わなかったが、翌年6月2日に開港1周年を記念して民衆が山車などを繰り出して祝ったのが横浜の開港記念日の始まりとされている。現在は毎年6月2日が横浜の開港記念日と定められており、横浜市立の小中学校・高校のほとんどが休校日となる。

歴史編集

1981年に「国際デープレ横浜どんたく」として開催されたのが始まりで、翌1982年に「'82国際デー第1回横浜どんたく」として正式に始まった。1984年の第3回より「横浜どんたく」となり、1993年の第12回より「横浜どんたく開港祭」、1995年より「横浜開港祭」となった。

現在では観客動員70万人(2016年、主催者発表)を擁する、横浜に夏の到来を告げる大イベントとなっている。

会場編集

例年、横浜みなとみらい21地区の臨港パークをメイン会場とし、その周辺地区にて開催されている。

主な催事編集

  • 開港祭ライブ
  • ドリームオブハーモニー
  • 開港祭ストリート
  • 花火大会など
  • 横浜市立の小中学校・高校のほとんどで、開港記念日当日は休校となる。ただし私立運営学校や神奈川県立高校は該当しない。

マスコット編集

サングラスをかけたカモメを模した「ハマー」がマスコットである。1995年制定。

横浜開港祭親善大使編集

GWから開港祭当日にかけて横浜市内などでの街頭PR活動を中心に行う。ラジオ・テレビなどへの出演の他、当日の会場での案内やお手伝いなど。募集対象は18歳以上(高校生は除く)の健康で明るい女性となっている。なお、「横浜観光親善大使」とは異なる。

関連項目編集

外部リンク編集