メインメニューを開く

横溝 克己(よこみぞ よしみ、1924年5月 - 1990年2月23日)は、日本政治家参議院議員(1期)。早稲田大学教授。天津大学客員教授。

横溝克己
よこみぞ よしみ
生年月日 1924年5月
出生地 東京都世田谷区
没年月日 1990年2月23日
死没地 東京都千代田区神田駿河台
出身校 早稲田大学
前職 早稲田大学教授
所属政党 税金党

日本の旗 参議院議員
選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 1989年7月24日 - 1990年2月23日
テンプレートを表示

目次

経歴編集

東京都世田谷区生まれ[1]

1948年早稲田大学理工学部工業経営学科卒業[1]。同大学大学院修了。1952年、早稲田大学理工学部工業経営学科副手。1965年、同大学教授。

1989年7月、早稲田大学を退職し、第15回参議院議員通常選挙比例区税金党から名簿記載順第1位で立候補し、初当選。

1990年、参議院議員在任中に、急性心不全のため佐々木研究所附属杏雲堂病院において死去[1]

著書編集

  • 『あたらしいワーク・スタディ』河原巖、小松原明哲、三浦達司、宮代信夫共著(技報堂出版、1987年)
  • 『エンジニアのための人間工学』小松原明哲共著(日本出版サービス、2006年)

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』(大蔵省印刷局、1990年)

脚注編集

関連項目編集