横田 冬彦(よこた ふゆひこ、1953年 - )は、日本史学者。日本近世史専攻。京都大学名誉教授京都府生まれ。

経歴編集

  • 1976年3月 京都大学文学部史学科卒業
  • 1981年3月 京都大学大学院文学研究科博士後期課退学
  • 1986年4月 神戸大学文学部助教授
  • 1996年
  • 2003年4月 京都橘大学文学部教授
  • 2012年4月 京都大学大学院文学研究科教授
  • 2018年4月 京都大学名誉教授
  • 2019年10月 『日本近世書物文化史の研究』で第41回角川源義賞受賞

著書編集

  • 『日本の歴史 第16巻 天下泰平』講談社、2002年、講談社学術文庫2009年
  • 『日本近世書物文化史の研究』岩波書店、2018年

共編編集

  • 『シリーズ近世の身分的周縁 2 芸能・文化の世界』編 吉川弘文館、2000年
  • 『身分的周縁と近世社会 5 知識と学問をになう人びと』編 吉川弘文館、2007年
  • 『身分的周縁と近世社会 9 身分的周縁を考える』後藤雅知斎藤善之高埜利彦塚田孝原直史森下徹吉田伸之共編 吉川弘文館、2008年
  • 『異文化交流史の再検討 日本近代の〈経験〉とその周辺』ひろたまさき共編 平凡社、2011年
  • 「読者と読者」(本の文化史シリーズ)平凡社、2015年

参考編集