メインメニューを開く

横田 康景/綱松(よこた やすかげ/つなとし[1])は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将甲斐武田氏の家臣。足軽大将

 
横田康景
有海新昌寺にある横田康景の墓.jpg
有海新昌寺にある横田康景の墓
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永5年(1525年
死没 天正3年5月21日1575年6月29日
改名 彦十郎(幼名)→康景/綱松
別名 通称:十郎兵衛尉
墓所 愛知県新城市 長篠古戦場/愛知県新城市有海の新昌寺
主君 武田晴信勝頼
氏族 原氏横田氏
父母 父:原虎胤、養父:横田高松
兄弟 康景原盛胤原重胤原直胤桑原甚内?、初鹿野忠次室?、小幡昌盛
正室:横田高松娘
向山氏娘(武田家臣)
尹松
テンプレートを表示

略歴編集

甲陽軍鑑』に拠れば、父は下総国千葉氏の一族で甲斐国に土着し武田氏に使えたという足軽大将・原虎胤で、康景は同じく武田家足軽大将である横田高松の婿養子になったという。天文19年(1550年)の砥石城攻め(砥石崩れ)では養父・高松が戦死したために、家督を継いで武田晴信(信玄)に仕えた。『軍鑑』によれば足軽大将として騎馬30騎・足軽100人を与えられていたという。永禄10年(1567年)8月に義信事件を受けて信玄が家臣団に提出させた下之郷起請文にその名を連ねている[2]

武田信玄の没後は勝頼に仕えた。天正3年(1575年)5月21日、長篠の戦いで戦死した。享年51。跡を子・尹松が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 江戸幕府の公式系図集『寛政重修諸家譜』では「綱松(つなとし)」。『新訂 寛政重修諸家譜』第7巻、350頁。
  2. ^ 『戦国人名辞典』(横田康景の項)

出典編集

  • 高柳光寿・岡山泰四・斎木一馬『新訂 寛政重修諸家譜』(第7巻、続群書類従完成会、1965年)
  • 平山優「横田康景」(『戦国人名辞典』(吉川弘文館、2006年、ISBN 978-4-642-01348-2