メインメニューを開く

橋本 康志(はしもと やすし、1956年1月11日 - )は、日本政治家実業家佐賀県鳥栖市長(4期)。

橋本 康志
はしもと やすし
生年月日 (1956-01-11) 1956年1月11日(63歳)
出生地 佐賀県鳥栖市
出身校 早稲田大学商学部
前職 富士通社員
所属政党 無所属
公式サイト 橋本やすしオフィシャルホームページ

当選回数 4回
在任期間 2007年3月15日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

佐賀県鳥栖市出身。鳥栖市立鳥栖中学校佐賀県立鳥栖高等学校卒業。1979年(昭和54年)3月、早稲田大学商学部卒業。同年4月、富士通に就職[1]システムエンジニアとして、主に国立大学病院のシステム開発を担当する[2]。1986年(昭和61年)3月、富士通を退職。同年4月、株式会社中央軒に入社。5月に同社の代表取締役に就任。2006年(平成18年)12月、同社を退職[1]

2007年鳥栖市長選挙

2007年(平成19年)2月18日執行。自民党公明党の推薦を受けた現職の牟田秀敏を破り初当選。3月15日、市長就任。

※当日有権者数:人 最終投票率:62.22%(前回比:%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
橋本康志51無所属16,161票52.28%
牟田秀敏66無所属14,750票47.72%(推薦)自民党公明党
2011年鳥栖市長選挙

2011年(平成23年)2月20日執行。前回敗れた牟田が自民党の推薦を受けて橋本に再び挑み、その他1名が立候補した。再選を果たす[3]

※当日有権者数:52,730人 最終投票率:57.40%(前回比:-4.82%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
橋本康志55無所属15,743票52.45%
牟田秀敏70無所属13,417票44.70%(推薦)自民党
古賀秀紀55無所属857票2.85%
2015年鳥栖市長選挙

2015年(平成27年)2月22日執行。自民党の推薦を受けた前市議の中村圭一ら2候補を相手に戦い3選[4]

※当日有権者数:54,915人 最終投票率:49.80%(前回比:-7.6%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
橋本康志59無所属16,424票60.43%
中村圭一45無所属10,239票37.68%(推薦)自民党
古賀秀紀59無所属514票1.89%
2019年鳥栖市長選挙

2019年(平成31年)2月17日執行。自民党の推薦を受けた元市職員の槙原聖二を10票差で破り4選[5][6]。投票率は過去最低の44.58%を記録した。

※当日有権者数:57,621人 最終投票率:44.58%(前回比:-5.22%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
橋本康志63無所属12,744票50.02%
槙原聖二54無所属12,734票49.98%(推薦)自民党

2019年(令和元年)6月25日、鳥栖市議会の自民党鳥和会、公明党、共産党の3会派は橋本に対する辞職勧告決議案を提出。自民党鳥和会代表は趣旨説明で、市上下水道局職員による架空発注問題などを挙げ、「市への信頼を失墜させた市長の責任は甚大」と述べた。橋本は採決を控えた6月26日に「賛成が4分の3以上なら、議会解散か市長失職のどちらかになる不信任の議決と同義」と話した[7]。6月27日、市議会は定例議会本会議で、辞職勧告決議案を採決し、賛成14人、反対6人で可決した。橋本は続投する意向を報道陣に示した[8]

脚注編集

外部リンク編集