メインメニューを開く

橋本 英二(はしもと えいじ、1955年12月7日 - )は、日本実業家日本製鉄代表取締役社長日本鉄鋼連盟副会長。

人物・経歴編集

熊本県球磨郡錦町出身[1]錦町立錦中学校熊本県立人吉高等学校を経て[2]、1979年一橋大学商学部卒業後、新日本製鐵に入社し[3]ハーバード大学留学釜石製鉄所などで勤務していたが、直言型の性格が災いし、上司と対立して当時は傍流とみなされていた海外営業に左遷となった[4]

2009年新日本製鐵執行役員厚板事業部長建材事業部長。2013年新日鐵住金常務執行役員、2015年常務執行役員グローバル事業推進本部副本部長、グローバル事業推進本部ウジミナスプロジェクトリーダー。2016年代表取締役副社長グローバル事業推進本部長[5]。2019年から代表取締役社長を務め、事業のグローバル化を進める[6]

脚注編集

  1. ^ 「新日鉄住金社長に橋本英二氏 熊本県錦町出身」西日本新聞2019年01月10日13時09分
  2. ^ 会長 有馬宏昭 皆様 - 人吉ロータリークラブ
  3. ^ 新日鉄住金社長に橋本氏 日本経済新聞2019/1/10 12:31
  4. ^ 度重なる“左遷”跳ね返す 出色の新日鉄住金次期社長週刊エコノミスト 2019年1月28日Online
  5. ^ 「【役員の状況」新日鐵住金2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)有価証券報告書(164ページ) (PDF1.5MB)
  6. ^ 「新日鉄住金・橋本新社長、「楽観主義捨てる」 」日本経済新聞2019/1/10 16:58


先代:
進藤孝生
日本製鉄(旧新日鐵住金)社長
第3代: 2019年 -
次代:
現職