メインメニューを開く

橋本道一(はしもと みちかず、生年不詳 - 慶長元年2月15日1596年3月13日)) は、戦国時代武将である。橋本伊賀守の6代目であり、現在の愛知県稲沢市辺りを支配していたという。父は織田信長の鉄砲師範である橋本一巴である。弟に矢合城主の橋本大膳がいる。

生涯編集

儀長城片原一色城主であり、織田信長織田信雄に仕えていたが、その後は豊臣秀吉加藤清正に仕えた。慶長の役の際には鉄砲手のに選ばれたが、その矢先に肥前国で病死した。

関連項目編集

参考文献編集