メインメニューを開く

橘 則光(たちばな の のりみつ)は、平安時代中期の貴族橘氏長者中宮亮・橘敏政の長男。官位従四位上陸奥守清少納言の夫として知られる。

 
橘則光
時代 平安時代中期
生誕 康保2年(965年
死没 不明
官位 従四位上陸奥守
主君 花山法皇一条天皇三条天皇後一条天皇
藤原斉信
氏族 朝臣
父母 父:橘敏政、母:右近尼
清原元輔娘・清少納言
橘行平娘・光朝法師母
則長、季通、光朝、好任
特記
事項
橘氏長者
テンプレートを表示

目次

経歴編集

蔵人修理亮左衛門尉を経て、受領として能登守土佐守・陸奥守等の地方官を歴任。一方で藤原斉信家司も勤めた。母が花山天皇の乳母であり、彼も天皇の乳母子の1人でもあった。

人物編集

江談抄』3、『今昔物語集』23の15、『宇治拾遺物語』11では盗賊に襲われてかえって取り押さえた話が伝えられ、武勇に優れた人物とされる一方、『枕草子』78・80ではやや気弱な人物として描かれている。

金葉和歌集』に1首が入首(第360歌)。『後拾遺和歌集』1156の詞書の中にもその名が見られる。

系譜編集

  • 父:橘敏政
  • 母:右近尼 - 花山院乳母
  • 妻:清少納言 - 清原元輔の娘
  • 妻:光朝法師母 - 橘行平の娘
    • 男子:橘季通(?-?)
    • 男子:光朝
  • 生母不明の子女
    • 男子:橘好任(?-?)

脚注編集

参考編集