橘則長
時代 平安時代中期
生誕 天元5年(982年
死没 長元7年(1034年4月[1]
官位 正五位下越中守
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇
氏族 朝臣
父母 父:橘則光、母:清少納言
兄弟 則長、季通、光朝、好任
橘忠望娘(能因姉妹)
則季、則孝
テンプレートを表示

橘 則長(たちばな の のりなが)は、平安時代中期の貴族歌人陸奥守橘則光の子。官位正五位下越中守

経歴編集

大学寮において進士となったのち、蔵人図書権助と、文官系官歴を重ねる。その後、修理亮式部丞を歴任したのち、越中守として赴任したが、そのまま任国で卒去したという。

その作歌は『後拾遺和歌集』(3首)、『新続古今和歌集』(1首)などに入集されており[1]、歌人として名を遺した。同じく歌人である能因法師の姉妹を妻とした。『枕草子』の写本系統の一つ・能因本は、この関係からの伝来とされている。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『勅撰作者部類』