メインメニューを開く

橘 清友(たちばな の きよとも)は、奈良時代後期の貴族歌人。名は浄友とも書く。参議橘奈良麻呂の子。仁明天皇の外祖父。官位正五位上内舎人正一位太政大臣

 
橘清友
時代 奈良時代後期
生誕 天平宝字2年(758年
死没 延暦8年(789年
別名 浄友
官位 正五位上内舎人正一位太政大臣
主君 桓武天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘奈良麻呂、母:粟田人上
兄弟 安麻呂島田麻呂清野清友入居
粟田小松泉子、田口家主娘・三千媛
吉清、氏人弟氏氏公嘉智子
安万子ら
テンプレートを表示

目次

経歴編集

天平宝字2年(758年)父・奈良麻呂が橘奈良麻呂の乱で処刑された直後に誕生する。

宝亀8年(777年)良家の子息でかつ容儀が逞しく立派であったため、若年ながら渤海使の接待を行うこととなる。その際、渤海大使・史都蒙は清友を見て、「あなたは骨相から見ると子孫は繁栄するが、あなた本人は32歳でがあるでしょう」と言ったという。延暦5年(786年)内舎人となったが、3年後の延暦8年(789年)に史都蒙の予言通り、32歳で病により自邸で没した[1]

平安時代に入り、弘仁6年(815年)に娘・嘉智子嵯峨天皇皇后に立てられた際に、清友は従三位位階を贈られる[2]天長10年(833年)には嘉智子所生の正良親王が即位(仁明天皇)したことから、その外祖父として正一位贈位を受け、承和6年(839年)には太政大臣官職が贈られている[3]

勅撰歌人として、『古今和歌集』に1首が採録されている[4]

人物編集

若い頃より落ち着いて物事に動じない性格で、多くの書物をあさり読んだ。六尺二寸(188㎝)の長身で、眉目はまるで書いたようにはっきりしていた。また立ち居振る舞いも非常に立派であったという[1]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 『日本文徳実録』嘉祥3年5月5日条
  2. ^ 日本後紀』弘仁6年7月13日条
  3. ^ 続日本後紀』承和6年6月5日条
  4. ^ 『勅撰作者部類』

参考文献編集