メインメニューを開く

橘 綿裳(たちばな の わたも)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族橘朝臣のち広岡朝臣、橘宿禰を経て再び橘朝臣。中宮大夫橘佐為の子。官位従四位上右京大夫

 
橘綿裳
時代 奈良時代後期 - 平安時代初期
生誕 不明
死没 大同4年6月26日809年8月10日
官位 従四位上右京大夫
主君 称徳天皇光仁天皇桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 橘朝臣広岡朝臣 →橘宿禰→橘朝臣
父母 父:橘佐為
兄弟 広足、文成、綿裳、御笠、広岡宮子、
古那可智、広岡真都我、広岡真姪
継成、百枝
テンプレートを表示

目次

経歴編集

天平宝字元年(757年橘奈良麻呂の乱の発生後間もなく、兄弟の真姪と共に橘朝臣から広岡朝臣に改姓するが、その後橘宿禰姓に戻されている。天平宝字3年(759年従五位下左大舎人助に叙任される。天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱が発生する直前に上野員外介左遷される。

称徳朝末の神護景雲3年(769年少納言に任ぜられ、翌宝亀元年(770年光仁天皇即位に前後して、従五位上中務少輔山背守に叙任される。宝亀9年(778年)姉妹の三笠と共に橘朝臣に改姓される。

桓武朝に入ると延暦3年(784年大判事に転じる。光仁朝から桓武朝の前半まで20年以上に亘って従五位上から昇進できなかったが、延暦16年(797年正五位上に叙せられるなど、桓武朝の後半から平城朝にかけては昇進し、大同4年(809年)までに従四位上に至った。またこの間、宮内大輔右京大夫[1]などを務めている。

大同4年(809年)6月26日卒去。最終官位散位従四位上。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 尊卑分脈
  2. ^ 仁和寺文書
  3. ^ 日本文徳天皇実録斉衡元年4月2日条

参考文献編集