櫛生村

日本の愛媛県喜多郡にあった村

櫛生村(くしうむら)は、1954年昭和29年)まで愛媛県喜多郡にあったである。

くしうむら
櫛生村
廃止日 1955年1月1日
廃止理由 新設合併
喜多灘村・長浜町・櫛生村出海村大和村白滝村長浜町
現在の自治体 大洲市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
喜多郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 大和村出海村
櫛生村役場
所在地 愛媛県喜多郡櫛生村
座標 北緯33度34分21秒 東経132度26分43秒 / 北緯33.57239度 東経132.44519度 / 33.57239; 132.44519座標: 北緯33度34分21秒 東経132度26分43秒 / 北緯33.57239度 東経132.44519度 / 33.57239; 132.44519
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

現在の大洲市の北部、伊予灘に面した漁村であった。行政区画は、昭和の合併で長浜町,さらに平成の合併により大洲市となっている。後に「くしゅう」と呼ばれるようになり、現在の表記は「くしゅう」となっている。

地理編集

現在の大洲市の北部。肱川河口の西、北を伊予灘に面している。背後(南)には斉藤山、張木山や高手山などの500m級の山々を境に大和村に接している。東は、肱川をはさんで長浜。西は出海村に接する。集落は、東から沖浦(おきうら)、須沢(すさわ)、櫛生(くしう)の3つがある。中央構造線近くの断層崖海岸が続き、平地は乏しい。沖浦は肱川河口の小規模な三角州上に位置し、須沢や櫛生には小規模ながら河川によって形成された砂浜海岸がある。

歴史編集

藩政期

  • 大洲藩領。浜手筋。
  • 1813年(文化10年) - 沖浦の農民たちが藩に願い出て対岸の長浜との綱代の協定が成立、沿岸漁業が発展する礎となった。

明治以降

  • 1875年(明治8年) - 久生学校開設
  • 1889年(明治22年)12月15日 - 市制・町村制実施により、櫛生村がそのまま櫛生村として存続。喜多郡に属す。
  • 1912年(大正元年) - 電灯ともる
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - (旧)長浜町、喜多灘村大和村出海村白滝村との合併により、新たな長浜町となる。
櫛生村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)
            町村制施行時
櫛生   ━━━━━━  櫛生村 ━━━━━━━━━━━━┓
                            ┃
                          長浜町  ━━━┫(昭和30年1月1日)
                     喜多灘村 ━━━╋━━ 長浜町
                    櫛生村  ━━━┫
                    出海村  ━━━┫
                    白滝村  ━━━┛

(注記)長浜町ほかの合併まで、及び長浜町の平成の合併の系譜については、それぞれの町村の記事を参照のこと。

地域編集

集落は、沖浦、須沢、櫛生の3つある。 いずれも漁村であるが、とりわけ沖浦は肱川河口に位置し、古くから漁業が盛んであった。沖浦と櫛生には公民館や学校(櫛生)などもあった。 明治の市制・町村制度施行の際にも一村がそのまま村となった。その後も大字として受け継がれた。

いずれも大洲市になって、大字は省くようになった。

行政編集

役場

教育編集

産業編集

農産物では、米、麦、雑穀、大豆、ゴマ、葉タバコ、しいたけ等を産する。太平洋戦争後、北斜面地が多いが柑橘栽培が導入された。海産物では、フグタイサヨリなどの魚類のほか、タコエビコンブ、海苔、ワカメサザエナマコなど。

交通編集

最寄り駅は国鉄予讃本線伊予長浜駅で、同駅が村への入り口となり、沖浦と対岸の長浜との間に開閉橋で知られる長浜大橋。海岸に沿って櫛生、さらに隣村の出海村へとつながる道路がある。櫛生集落と長浜とを結ぶ海岸線に沿って走る道路は断崖が続き、1956年(昭和31年)には路線バスが転落し、死者9名を出す事故が発生している(長浜町バス転落事故)。

櫛生から山越えに豊茂と結ぶ道路もある。

名所編集

  • 沖浦観音

関連項目編集