メインメニューを開く

櫻井良樹

櫻井 良樹(さくらい りょうじゅ、1957年 - )は日本の歴史学者麗澤大学教授。

目次

略歴編集

千葉県出身。1981年上智大学文学部史学科卒業。1988年同大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。96年「立憲同志会の成立 -大正政治史の出発」で博士(史学)。麗澤大学助教授、教授。専門は日本近代政治史・近代都市史。

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『地域政治と近代日本―関東各府県における歴史的展開』 (日本経済評論社, 1998年)

共編著編集

  • (内海三八郎・千島英一)『ヴェトナム独立運動家潘佩珠伝――日本・中国を駆け抜けた革命家の生涯』(芙蓉書房, 1999年)
  • 黒沢文貴斎藤聖二)『国際環境のなかの近代日本』(芙蓉書房, 2001年)
  • (水野治太郎・長谷川教佐)『「宮本武蔵」は生きつづけるか』(文真堂, 2001年)

論文編集

  • 明治末期における電灯業政策の政治的背景--東京市内電灯業を題材として  日本史研究 (282), p36-60, 1986-02
  • 東京市街電車の市有化をめぐる政治過程 : 桂園時代の一側面 In the post Russo-Japanese War period, streetcars in the city of Tokyo became a political issue with respect to fare increases and municipalization. The streetcars were a necessity for the city's resi …  史學雜誌 95(7), 1197-1220, 1283-1281, 1986-07-20
  • 明治十年代後半における帝政派の政治活動の一考察 : 明倫会と大分斯文学会 大分縣地方史 (129), 1-16, 1988-03
  • 秋山定輔と桂新党(立憲同志会)--「政界革新運動」の観点から 麗沢大学紀要 (50), p216-198, 1990-07
  •  「犬養毅」時任英人 桜井 良樹 季刊国際政治 (99), p197-201, 1992-03
  • 「[小路田 泰直]著『日本近代都市史研究序説』」, 柏書房, 一九九一・一刊, A5, 三一九頁, 三八〇〇円 史學雜誌 101(6), 1179-1186, 1992-06-20
  • 「日韓合邦建議と日本政府の対応」 麗沢大学紀要 (55), p292-267, 1992-12
  • 「社会政策と桂新党 : 明治末年における蔵原惟郭の政治軌跡を中心にして」 麗澤学際ジャーナル 1(2), 41-54, 1993
  • 「明治政治から大正政治へ : 桂太郎による立憲同志会の創設」 麗澤学際ジャーナル 2(2), 33-51, 1994
  • 立憲同志会の創設と辛亥革命後の対中政策 At the time the third Katsura Cabinet was established, no one expected it to collapse within a period of only two months. One of the direct reasons for its collapse was Katsura's unconventional approa … 」 史學雜誌 103(2), 151-187, 316-315, 1994-02-20
  • 「陸軍大学校教頭時代の井口省吾「教頭業務日誌」 : 日清戦後における陸大教育」 麗澤学際ジャーナル 3(1), 113-142, 1995
  • 「日露戦後における非政友勢力の政界再編論」 麗澤学際ジャーナル 3(2), 21-55, 1995
  • 「外交問題から見た立憲同志会の党内抗争--第1次山本内閣期を中心にして」 日本歴史 (564), p69-85, 1995-05
  • 「故広池千英氏の旧蔵にかかる社会・労働問題関係資料について : 整理作業報告」 麗澤学際ジャーナル 4(1), 41-100, 1996

刊行史料編集

  • 『立憲同志会資料集』全4巻(柏書房, 1991年)
  • (尚友倶楽部)『伊集院彦吉関係文書』全2巻(芙蓉書房出版, 1996-97年)
  • 波多野勝・黒沢文貴・斎藤聖二)『海軍の外交官 竹下勇日記』(芙蓉書房出版,1998年)
  • (尚友倶楽部)『阪谷芳郎東京市長日記』(芙蓉書房出版, 2000年)
  • (尚友倶楽部)『田健治郎日記2 明治44年〜大正3年』(芙蓉書房出版,2009年)

外部リンク編集