歌ふ狸御殿』(うたうたぬきごてん)は、1942年(昭和17年)公開のオペレッタ映画。木村恵吾が脚本、監督。音楽は佐藤顕雄、古賀政男。作詞、サトウハチロー[1]

歌ふ狸御殿
Singing Raccoon Palace-1 1942.jpg
主演の高山広子(左)と宮城千賀子(右)
監督 木村恵吾
脚本 木村恵吾
原作 木村恵吾
出演者 高山広子
宮城千賀子
音楽 佐藤顕雄
古賀政男
撮影 牧田行正
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1942年11月5日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

出演者編集

  • お黒:高山広子
  • 狸吉郎:宮城千賀子
  • きぬた:草笛美子
  • 白髭鼓左衛門:楠木繁夫
  • おたぬ:豆千代
  • 団栗林の栗助:伊藤久男
  • 腰元尾花:三原純子
  • 奴さん:リズムボーイズ
  • 茂林寺のお福:美ち奴
  • 証成寺のお庭:きみ榮
  • 河童ぶく助:益田喜頓
  • 白木蓮の精、白妙姫:雲井八重子
  • 荒磯姫:歌川絹枝
  • 十六夜姫:大河三鈴
  • 腰元桔便:高木峰子
  • 腰元苅萱:西川静子
  • 村娘おぽん:中村千鶴子
  • 村娘お萩:新木君江
  • 村娘お:岩谷竹子
  • 村娘おはね:馬野美穂子
  • 村娘おめん:御室和子
  • 腰元撫子:瀧のぼる
  • 腰元藤袴:田中千代子
  • 腰元野菊:忍美代子
  • 羽子板やの娘:柏よし子
  • 絵日傘やの娘:羽原京子
  • 金魚やの娘:市村節子
  • 紙風船やの娘:津久井美子
  • からくりの娘:香川富美子
  • 扇子やの娘:足柄朝子
  • 白妙姫の従者:小林和子
  • 白妙姫の従者:滋野井みのる
  • 腰元朝顔:福田若子
  • 腰元白菊:小島春子
  • 腰元夕顔:不二和子
  • 腰元紅菊:日咲慶子
  • 腰元薄月:杉村初子
  • 腰元夕月:永井美譽子
  • 腰元葵:大塚茂子
  • 腰元秋月:松岡信江
  • 門番どん吉:市川海老三郎
  • 門番どん助:春路謙作
  • 悪狸五六左衛門:藤川準
  • 土午のぴょん吉:石倉英治
  • 重巨:高田篤
  • 重巨:森田肇
  • 重巨:大倉多一郎
  • 泥右衛門:光岡龍三郎

スタッフ編集

  • 演出・脚本:木村恵吾
  • 音楽:佐藤顕雄、サトウハチロー
  • 作詞:サトウハチロー、津村典子
  • 歌謡作曲:古賀政男
  • 演奏:美響交響楽団
  • 指揮:朝倉活治
  • 合唱:ヴォーカルフォーア、日本合唱団
  • 撮影:牧田行正、西村正一、右田秀雄、山口芳雄、神田博二
  • 録音:加藤久、福安雅春、藤本尚武、山下茂雄
  • 助演出:竹森一男、高見育男、上野衛
  • 編輯:宮田味津三
  • 記録:津村典子
  • 筝曲:東トン子
  • 按舞:花柳芳六次
  • 照明:中野豊次郎、岡本健一
  • 設計:木村義人
  • 装置:北川万吉、五十嵐藤三郎
  • 背景:原田勝美
  • 造園:中岡芳太郎
  • 効果:江尻正保
  • 衣装:川勝喜三郎
  • 小裂:江川半次郎
  • 技髪:福山善也
  • 結髪:石井エミ
  • 普通写真:三浦専三
  • 進行:西郷一夫
  • 製作担當:井沼俊策

主題歌編集

  • コロムビア・レコード
    • どうぢゃね元気かね」…楠木繁夫
    • 歌ふ狸御殿」…コロムビア合唱団
    • 月の小島」…楠木繁夫、三原純子
    • 花のこころ」…豆千代
    • 作詞、サトウハチロー
    • 作曲、編曲:古賀政男

参考資料編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ [1] 角川映画、2019年8月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集