メインメニューを開く

古賀 政男(こが まさお、1904年11月18日 - 1978年7月25日)は、昭和期の代表的作曲家であり、ギタリスト国民栄誉賞受賞者。栄典従四位勲三等瑞宝章紫綬褒章明治大学商学部旧制)卒業。本名、古賀正夫。

古賀 政男
Koga Masao 1950.JPG
1950年(昭和25年)
基本情報
出生名 古賀 正男
生誕 1904年11月18日
出身地 日本の旗 日本福岡県三潴郡田口村(現・大川市
死没 (1978-07-25) 1978年7月25日(73歳没)
学歴 明治大学商学部卒業
ジャンル 歌謡曲流行歌)・演歌
職業 作曲家
活動期間 1931年 - 1978年
レーベル 日本コロムビア
ビクター
著名使用楽器
ギター

少年時代に弦楽器に目覚め、青年期はマンドリンギタークラシック音楽を研鑽しつつ、大正琴を愛した。その後は、プレクトラム音楽家・「古賀正男」から流行歌王・「古賀政男」になり、昭和期を代表する国民的作曲家としての地位を確立し数多くの流行歌をヒットさせた。その生涯で制作した楽曲は5000曲とも言われ、「古賀メロディー」として親しまれている。

生涯編集

幼少期編集

1904年(明治37年)に福岡県三潴郡田口村(現・大川市)に生まれる。近くには水の都柳川があり、その風景は後年の『誰か故郷を想わざる』のモチーフになった。7歳で父が死亡、田口村を離れ、働いている兄がいる朝鮮に渡り感情起伏の激しい少年時代をすごした。故郷喪失の悲しみは「人生の並木路」のモチーフとなったが、最初は仁川に、その後京城で暮らした。従兄弟から大正琴をもらったのもこの頃である。古賀政男が初めてマンドリンを手にしたのは中学3年(京城善隣商業学校)のときで、一番仲のよかった兄からマンドリンを贈られた[1][2]

青年期編集

善隣商業学校を出て大阪の商店に勤めたのち、1923年(大正12年)に明治大学予科に入学し、明治大学マンドリン倶楽部の創設に参画した。当時の明大マンドリン倶楽部は、ボッタキアーリラウダス、バッチなどのマンドリンの大曲が演奏されていたが、古賀も「幻想的狂想曲」(ロマーノ)の難曲を独奏するなどの活動が見られている。1928年(昭和3年)夏には旅先の青根温泉付近の山中で剃刀自殺を図るが、同行していた友人の発見により未遂に終わる[3]。(1980年に同地に「影を慕いて」の歌碑が建立された[4]。関連:青根洋館)その時に蔵王の夕暮れを見て「影を慕いて」の詩が浮かんだと言われている。その年の秋の定期演奏会は同年春に開館したばかりの明治大学記念館講堂で開催されたが[5]、このとき佐藤千夜子の知遇を得た。また、このとき「音楽は和也」の理念が生れた。

1929年(昭和4年)春の大学卒業後は指導者となり音楽活動を続けた[3]。6月、明大マンドリン倶楽部の定期演奏会で『影を慕いて』(ワルツ・ギター合奏)を発表。その年の暮れには、佐藤千夜子の歌唱とマンドリンオーケストラを率いて、「文のかおり」など自作品をビクターで吹込んだ。1930年(昭和5年)秋には『影を慕いて』をビクターで佐藤千夜子の歌唱によって吹込む。この時は、まだマンドリン・ギター演奏家「古賀正男」だった。また、この歌は宮城県川崎町の風景をモチーフにしたといわれている。当時、死の淵に追われた古賀が川崎町の森林を歩いているうちに我に返りこの歌を書いたという。1931年(昭和6年)1月、新譜でレコードは発売されたが、売れ行きは芳しくなかった。尚、『影を慕いて』の創作過程については、菊池清麿の『評伝古賀政男 青春よ永遠に』に詳細に記されている。

作曲家としての誕生・活動編集

1931年、日本コロムビア専属となった。当初作曲に自信が無く文芸部の社員を希望したが、結局作曲家として契約した。この時、東京音楽学校在籍時の藤山一郎と出会ったことが古賀政男の人生を大きく変えることになった。藤山一郎の歌唱表現が古賀政男の才能を開花させたのである。『酒は涙か溜息か』、『丘を越えて』、『影を慕いて』の3曲がSPレコードで発売され、以降多くのヒット曲を世に出した(なお、藤山は東京音楽学校卒業後、ビクター専属となる。)。

1933年(昭和8年)には、松平晃が歌唱した『サーカスの唄』がヒットしたが、直後離婚騒動などもあり、体を壊し、1933年の晩秋から翌年にかけて伊東で静養した。翌1934年、コロムビアからテイチクに移籍したが、ビクターから迎えた藤山一郎、ディック・ミネ楠木繁夫美ち奴などを擁し、『緑の地平線』『二人は若い』『東京ラプソディ』『あゝそれなのに』『青い背広で』『人生の並木路』などの作品はヒット曲となった。

1938年(昭和13年)秋、外務省の音楽文化親善使節として渡米。渡米直前にコロムビアに復帰した。1939年(昭和14年)秋、アメリカNBC放送で古賀の作品が取り上げられた。帰国後は『誰か故郷を想わざる』『目ン無い千鳥』『新妻鏡』『なつかしの歌声』等がヒット曲となった。

戦後の活動編集

 
古賀政男(1948年頃)

戦後の1948年(昭和23年)に近江俊郎が吹込んだ『湯の町エレジー』がヒット。同年には「古賀ギター歌謡協会」(後の古賀ギター学院)を設立した。

1960年代には過去に自らの前で「悲しき竹笛」を歌った美空ひばりの歌の作曲を手がけた。1964年(昭和39年)発表の『』は190万枚を売り上げ、1965年(昭和40年)の第7回日本レコード大賞を受賞。翌1966年(昭和41年)発表の『悲しい酒』も145万枚を売り上げるミリオンセラーとなった。

作曲活動の傍らで1959年(昭和34年)には日本作曲家協会を創設し、初代会長となる。この時に服部良一らと共に創設したのが日本レコード大賞である。

1965年(昭和40年)以降は大正琴の普及にも努め、自作曲の大正琴レコード、オリジナルブランドの改良大正琴「KOGA TONE(古賀トーン)」を販売した。

晩年・死後編集

1974年(昭和49年)には『広島平和音楽祭』を開催した。

1978年(昭和53年)6月17日、明治大学マンドリン倶楽部・第102回定期演奏会(杉並公会堂)で指揮者を務めたのが、古賀自身最後の公の姿となった。

それから約1か月後、1978年7月25日の午後1時15分、代々木の自宅で急性心不全により死去、享年・73歳。その死から10日後の同年8月4日、前1977年(昭和52年)の王貞治プロ野球選手)に次ぎ、史上二人目となる国民栄誉賞を贈られた。

1998年(平成10年)7月には、日本コロムビアから16枚組CD-BOX『古賀政男大全集』が発売され、3000セットを売り上げた[6]

主な作品編集

映画音楽編集

主な門下編集

展示施設編集

古賀政男記念館編集

  古賀政男記念館
施設情報
延床面積 367㎡
開館 1982年3月1日
所在地 831-0026
福岡県大川市大字三丸844
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

古賀政男が誕生した福岡県大川市によって1982年に開設された記念館。古賀に纏わる写真のほか、「影を慕いて」の直筆楽譜や国民栄誉賞など顕彰された盾・トロフィー類が展示され、隣接地に復元した生家が構えている。

  古賀政男音楽博物館
 
同一敷地にJASRAC本部(左)が入居している。
施設情報
愛称 コガ・ミュージアム
専門分野 大衆音楽
事業主体 古賀政男ゆかりの品々の展示、日本の大衆音楽にまつわる企画展示
管理運営 (財)古賀政男音楽文化振興財団
所在地 151-0064
東京都渋谷区上原三丁目6-12
最寄駅 地下鉄千代田線代々木上原駅
最寄バス停 京王バス古賀音楽博物館
外部リンク 古賀政男音楽博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

古賀政男音楽博物館編集

古賀政男が1932年から自邸を構えた渋谷区上原の敷地に一般財団法人古賀政男音楽文化振興財団によって1997年に開設された。建物は日本音楽著作権協会(JASRAC)が本部を構えるオフィスビルと博物館付属のコンサートホール「けやきホール」と一体化している。建設にあたってはJASRACから財団への融資で費用を賄い、JASRACが入居するオフィスビルの賃料を柱とする財団の事業収入から返済に充てる形態が採られている[7]

館内には古賀の来歴紹介や自邸のモックアップ、「大衆音楽の殿堂」受賞者のレリーフの展示、古賀作品と「大衆音楽の殿堂」顕彰者の楽曲音源がビデオオンデマンド方式で試聴することができるタッチパネル式のPCや音楽関連図書を配架した音楽情報室が設置されている。

青根洋館編集

愛用の楽器楽譜などの遺品が展示されている。

古賀政男音楽文化振興財団編集

一般財団法人古賀政男音楽文化振興財団 は、古賀の没後の1979年に設立された一般財団法人である。古賀作品の継承・振興を図るための活動や各種歌謡曲関連イベントの主催・共催などによる支援活動を行っている。古賀政男音楽記念館が開館してからは、同館の運営が主たる事業となっている。

古賀政男記念「大川音楽祭」編集

古賀政男の偉功を偲ぶとともに、大川市の音楽文化振興と古賀メロディー継承を願って開催される歌謡コンクール。

過去の参加者には、氷川きよし(1996年度一般歌謡部門最優秀賞)や北山たけし岡幸二郎らがいる[8]

演じた俳優編集

1949年、古賀が原案を務めた新東宝映画『影を慕いて』で、若き日の古賀(役名:加賀俊男)を演じている。
1979年NHKが没後1周年の追悼番組として放送したドキュメンタリードラマ『幾山河は越えたれど〜昭和のこころ 古賀政男〜』で青年期から晩年の古賀を演じた。
1977年NHK連続テレビ小説『いちばん星』で青年期の古賀を演じた。
1992年テレビ大阪の開局10周年記念企画としてテレビ東京系列で放送された『古賀政男物語』で中年期から晩年の古賀を演じた。

雑記編集

  • 大川市のゴミ収集車が古賀メロディーを流しながら収集している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【海峡を越えて】埋もれた日韓歌謡史 第1部 (4) 演歌のルーツはどこに?『産経新聞』2008年11月16日
  2. ^ 【海峡を越えて】埋もれた日韓歌謡史第3部 (1) 菅原都々子の涙『産経新聞』2009年3月17日
  3. ^ a b 古賀政男と明治大学マンドリン倶楽部菊池清麿-SP歌謡の世界・なつかしの歌声
  4. ^ 青根温泉: 古賀政男歌碑宮城県の町並みと歴史建築
  5. ^ 『青春よ永遠に:明治大学マンドリン倶楽部半世紀の歩み』 1972年、185頁
  6. ^ 「時代を照らした流行歌50年 (20)昭和53年 古賀政男さん死去」『日刊スポーツ』2000年1月7日付大阪本社発行版13版、27頁。
  7. ^ 歴史日本作詞作曲家協会
  8. ^ 大川音楽祭古賀政男記念館

参考文献編集

  • 古賀政男 『自伝 わが心の歌』 展望社、2001年
  • 茂木大輔 『誰か故郷を…』 講談社、1979年
  • 下嶋哲朗 『謎の森に棲む古賀政男』 講談社、1998年 ISBN 4-06-209272-7
  • 藍川由美 『「演歌」のススメ』 文春新書、2002年 ISBN 4166602829
  • 財団法人古賀政男音楽文化振興財団 『夢人生を奏でて』 2004年 ISBN 4797982063
  • 菊池清麿 『評伝古賀政男 青春よ永遠に』 アテネ書房、2004年 ISBN 4871522318
  • 菊池清麿 『評伝古賀政男 日本マンドリン&ギター史』 彩流社、2015年 ISBN 978-4-7791-2078-7
  • 明治大学マンドリン倶楽部50年史編纂委員会 『青春よ永遠に:明治大学マンドリン倶楽部半世紀の歩み』 1972年

関連項目編集

外部リンク編集