メインメニューを開く

歌劇(かげき)は宝塚歌劇団の機関誌。月刊誌、毎月5日発売。1918年大正7年)8月11日創刊。A5サイズ。発行元は宝塚クリエイティブアーツ

目次

概要編集

  • 宝塚歌劇団の機関誌の中で一番歴史がある機関誌である。
  • 宝塚GRAPHがカラーポートレイトが中心であるのに対して、歌劇は読み物の記事が多い。そのため、カラーページの比率が宝塚GRAPHと比較して少ない。
  • 表紙は各組のトップスターをはじめ、主要な男役スターが中心で登場する。稀にトップ娘役が表紙を飾ることもある。トップスターが退団する月は「サヨナラ特集号」として表紙を飾ることが通例となっている。
  • 2010年1月号から、レスリー・キーが表紙撮影を担当している。
  • 通常雑誌は発売月より先の月の号として販売することが一般的だが[1]、本誌においては発売月と同月号としている。

略歴編集

  • 1918年、同年8月11日に創刊。初代編集長は宝塚歌劇団創立者である小林一三。当時は年4回の季刊。定価20銭。
  • 1921年、同年3月1日から月刊化を開始。同年7月10日午後7時から宝塚新温泉パラダイス劇場にて初の誌友大会(現・愛読者大会)を開催して、齋藤興里氏の講演後にレセプションホールで懇話会を開く。
  • 1932年、表紙がイラストから生徒の顔写真となる。
  • 1940年、第二次世界大戦時下により休刊を余儀なくされるが、1946年に復刊する。
  • 2009年、創刊以来、約91年を経た1月号で発刊通算1000号を達成する。6月に歌劇発刊通算1000号と宝塚歌劇団創立95周年を記念して、『百年への道』と題した特別イベントを開催した。
  • 2010年、小林公平の連載していたエッセイ『花の道より』が自身の逝去により、5月号をもって475回続いた連載が終了となる。7月号は、小林公平先生追悼号として、お別れ会の様子や各方面からの追悼の言葉が掲載された。

エピソード編集

現在の主な連載編集

カラーポートレイト
舞台ポートレイト
宝塚歌劇の曲をモチーフにした挿絵と歌詞を掲載。
演出家随想
2010年8月号から連載が開始されたエッセイ。
公演座談会
演出家、出演者により公演の見どころや役どころなどを対談形式にて掲載。
公演評
本公演やバウホール公演などの公演評は演劇コラムニストの石井哲夫などが担当している。
公演楽屋取材
えと文
各組の生徒が公演などの裏話をエッセー形式で3か月ごとに担当する。題名やイラストなど、各生徒や組の個性が出ており、読者の間では人気コーナーの一つである。
楽屋日記
本公演、バウホール公演中の裏話を下級生を中心に執筆するコーナー。
短波長波
読者からの質問を答えるコーナー。
高声低声
読者から寄せられた公演評を掲載するコーナー。1918年8月の創刊号から設けられて現在も継続されているコーナー。過去には辛口な公演評も掲載されていたが、現在はあまり批判的な公演評が掲載されなくなった。(植田紳爾談)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ 『復刻版歌劇 執筆者索引・解説』、雄松堂書店、1999年7月12日、P13

関連項目編集

外部リンク編集