メインメニューを開く

二代目 歌川国久(にだいめ うたがわ くにひさ、天保3年〈1832年〉 - 明治24年〈1891年〉2月5日)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

目次

来歴編集

三代目歌川豊国の門人。本姓は勝田、名は久太郎。一陽龍水、一雲斎、立蝶楼と号す。柳島に住む。三代目豊国の三女お栄と結婚し豊国の養子となる[1]。作画期は嘉永から明治にかけてで横浜絵役者絵及び肉筆浮世絵を描いた。「東都三十六景」のシリーズでは師の豊国と合作をしている。享年60。墓所は江東区亀戸の光明寺、法名は久豊院還国寿僊信士。お栄との子で長男の金太郎は歌川豊宣、次男の銀次郎は歌川国峰と称し浮世絵師となっている。

作品編集

脚注編集

  1. ^ 一説には次女の勝と結婚したという(『浮世絵の見方事典』〈吉田漱 北辰堂、1987年〉153頁)。

参考文献編集