メインメニューを開く

歌川 国鶴(うたがわ くにつる、文化4年〈1807年〉 - 明治11年〈1878年3月19日)とは、江戸時代後期から明治時代初期にかけての浮世絵師

国鶴は、二代目歌川豊国の甥で四代目歌川豊国と呼ばれるもう一人の人物[1]。香蝶楼、一陽斎を名乗った四代目歌川豊国とは別人[1]

目次

来歴編集

二代目歌川豊国の門人で、その甥[1]

本姓は和田、名は安五郎。歌川の画姓を称し一寿斎、一雄斎と号し、二代目豊重とも称す。江戸築地に生まれたが、天保8年(1837年)以降大坂に住む。安政2年(1855年)ごろ江戸に帰り、浅草花川戸の戸沢長屋に住んだ。この頃新門辰五郎の知遇を得る。安政2年の大地震に遭遇、後に下谷広徳寺横町に移る。さらに安政6年(1859年)以降は横浜に移住し、横浜絵を描いている。はじめ本村(現在の元町)、後に馬車道に住む。横浜火災の後、埋立地の翁町に移り、さらに横浜吉田町で明治10年(1877年)に絵草紙屋を開業しその地で没した。享年72。墓所は港区増上寺内常行院。長男は二代目歌川国鶴を継いでいる。

作画期は天保の頃から没年までで、作には横浜絵や絵草紙の挿絵、役者絵、他に刺子襦袢の下絵、奉納扁額絵、地口行灯絵、刺青の下絵、肉筆浮世絵なども描いた。ホワイトハウスヒストリカル協会には、1879年(明治12年)6月に来日したグラント元大統領が持ち帰った国鶴の作品6点が所蔵されている[2]

作品編集

版本挿絵編集

錦絵編集

肉筆画編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
幽霊図 絹本墨画彩色 1幅 107.0x35.0 明禅寺(高岡市[3]
江戸風俗図(いなせな若衆) 絹本著色 大英博物館
江戸風俗図(座敷芸扇子踊) 絹本著色 1幅 27.8x23.4 大英博物館

脚注編集

  1. ^ a b c 楢崎宗重六代目歌川豊国画伯からの聞き書」 (FLASH) 『浮世絵芸術』第80号、日本浮世絵協会、1984年、 22-27頁。 歌川豊国の系譜あり。
  2. ^ ホワイトハウスヒストリカル協会所蔵 歌川国鶴筆日本画6点の修復
  3. ^ 『平成25年度文化庁地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ あつまれ墨画アーティスト 夏のお化け美術館』 富山県水墨美術館、2013年、第15図。

参考文献編集