メインメニューを開く

正兼菊太(まさかね きくた、1902年頃 - 没年不明)は、ソ連及び中国で活動した日本のスパイとされる。正兼菊太は二等機関士出身であり、1929年樺太からソ連へ入り、軍需工場に所属して反日・赤化工作を行っていたが、各種資料をウラジオストクの領事館の書記生に提供していたことがゲーペーウーに見つかり、スパイ容疑で1934年に10年間の強制労働の刑を言い渡されたとされる[1]

1944年には、北京において未來和平宗教會(旧京師普濟佛教會)所属の彌勒會總會の顧問を務めたとされる[2]

著書編集

出典編集