メインメニューを開く

武田 信栄(たけだ のぶひで)は、室町時代中期の武将守護大名安芸武田氏4代当主武田信繁の嫡男。室町幕府相伴衆若狭国守護若狭武田氏初代当主。弟に信賢国信元綱がいる。

 
武田信栄
時代 室町時代中期
生誕 応永20年(1413年
死没 永享12年7月23日1440年8月20日
別名 通称:彦九郎
戒名 長福寺殿天遊光芸大居士[1]
墓所 福井県大飯郡高浜町長福寺
官位 正五位下伊豆守治部少輔
幕府 室町幕府 相伴衆若狭守護[1]
氏族 若狭武田氏
父母 父:武田信繁[1]
兄弟 信栄信賢[1]国信[1]元綱[1]など
テンプレートを表示

生涯編集

応永20年(1413年)、武田信繁の嫡男として誕生。

永享4年(1432年)に父が6代将軍足利義教の九州出陣を命じられると同行して少弐満貞大友持直と交戦、やがて義教に気に入られて相伴衆となった。義教は有力守護大名の取り潰しを行い、信栄に丹後国・若狭守護一色義貫誅殺の密命を下した。これを受けた信栄は永享12年(1440年5月15日大和永享の乱に出陣中の信栄はともに出陣していた義貫とその子供たちをおびき出して暗殺[2]、功績により義教より若狭と尾張国知多郡を与えられた。これが若狭武田氏の起源である。

同年6月に若狭に下向。若狭には三方郡遠敷郡(上中)に旧守護一色氏の守護代三方氏の勢力が残っていたため、信栄は隣接の遠敷郡の小浜(下中)ではなく、大飯郡の高浜に館を構えた。また、京都建仁寺に同族の九峰以成を招いて塔頭十如院を建立、以後若狭武田氏から住職を輩出した。

同年7月23日に急死。死因は病気とも、一色義貫襲撃の際に義貫の家臣・三方若狭(当時の若狭国守護代)から受けた傷が原因ともされている。法名は長福寺殿天遊光芸大居士。墓所は福井県大飯郡高浜町にある長福寺

子が無かったため弟の信賢が若狭を相続、同年に父から安芸分郡守護職も譲られた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 今井尭ほか編 1984, p. 324.
  2. ^ 『斎藤基恒日記』永享12年5月14日条・『師郷記』永享12年5月15日条

参考文献編集

  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ
  • 今谷明、藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典』下、新人物往来社、1988年11月、134頁。全国書誌番号:89006830ISBN 440401533XNCID BN02305740OCLC 674346924
  • 木下聡編著「若狭武田氏の研究史とその系譜・動向」『若狭武田氏』戎光祥出版〈シリーズ・中世西国武士の研究 ; 4〉、2016年9月。全国書誌番号:22791261ISBN 9784864031929NCID BB22008040OCLC 960432943
  • 高野賢彦『安芸・若狭武田一族』新人物往来社、2006年11月、91-94頁。全国書誌番号:21130178ISBN 4404034202NCID BA79485938OCLC 170028726