メインメニューを開く

武藤 一羊(むとう いちよう、1931年9月14日 - )は、日本の社会運動家。一時期、ニューヨーク州立大学教授となった[1]

目次

人物編集

1931年9月14日、東京生まれ。父は、元判事で明治学院大学院長だった武藤富男である。1952年東京大学文学部を退学となる[1]

その後、原水爆禁止日本協議会国際部に勤務、1965年ベトナムに平和を!市民連合に参加し、注目される。1973年アジア太平洋資料センターの設立に参加する[1]1996年まで、アジア太平洋資料センターの代表を務める[1]1998年ピープルズ・プラン研究所を設立する[1]

1983年から2000年にかけて、ニューヨーク州立大学ビンガムトン分校の社会学教授となっていた[1]

著書編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集