メインメニューを開く

武藤 富男(むとう とみお、1904年明治37年)2月20日 - 1998年平成10年)2月7日)は、満州国日本官僚教育者キリスト教牧師伝道師)。恵泉女学園理事長、東京神学大学理事長なども歴任した。

息子・武藤一羊ベ平連出身の社会運動家でピープルズ・プラン研究所創設後、現在は運営委員。

来歴編集

人物編集

中村妙子によると一高の学生時代より大森教会会員で、法務畑に入っても在京中は礼拝を欠かさず出席していた。教会の親睦会には玄人はだしの落語と漫談で周囲を笑わせていた。満州国では甘粕正彦とも親交が深く、甘粕を満映の理事長に推薦した。満州国のメディア統括のトップに立っていたとき朝日新聞が満州の市場に参入しようとすると協力する姿勢を見せた。関東軍は古野伊之助正力松太郎との関係を重視する東条英機の意向に反する(「関東軍の司令の首が飛ぶ」)から止めた方がよいと注意したが、「帰国後に出世するためには新聞にも恩を売っておこう」とは本人の弁。国家と縁を切ってからは「全身全霊、世界の大きな流れとの関係で生き、大正時代につくられた理想主義を貫こうとした」(武藤一羊)。

関連図書編集

  • 貴志俊彦『満洲国のビジュアル・メディア――ポスター・絵はがき・切手』吉川弘文館、2010

関連項目編集

外部リンク編集