メインメニューを開く

歩兵第111連隊(ほへいだい111れんたい、歩兵第百十一聯隊)は、大日本帝国陸軍連隊のひとつ。

歩兵第111連隊
創設 1940年
廃止 1945年
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 歩兵
所在地 姫路
通称号/略称 兵10112
上級単位 第54師団
最終位置 ビルマ タトン県
主な戦歴 日中 - 第二次世界大戦
テンプレートを表示

沿革編集

4月 - 南方に転進開始
4月10日 - スラバヤに集結しビルマに移動するまで東ジャワ島の警備に就く
2月 - 第二次アキャブ作戦に参加、アキャブの警備に就く
4月 - サンドウェーに転進し防戦を続ける。カラダン河谷の戦いではスワイングを占領する。その後アラカン山脈で防戦を続ける
  • 1945年(昭和20年)8月 - 終戦

歴代連隊長編集

歴代の連隊長
(特記ない限り陸軍大佐
氏名 在任期間 備考
1 木庭知時 1940.8.1 -
2 矢木孝治 1944.9.22 - 1945.7.20 戦死

参考文献編集

関連項目編集