メインメニューを開く
死者の日、墓地の装飾

死者の日(ししゃのひ、スペイン語: Día de Muertos[注釈 1]英語: Day of the Dead)はラテンアメリカ諸国における祝日の一つ。特にメキシコにおいて盛大な祝祭が行われる。アメリカカナダ等に在住する同地域出身者の間でも同様の習慣が継続されている。

メキシコでは全土で行われ、特にパツクアロ湖に浮かぶハニッツィオ島オアハカがよく知られる。

祝祭編集

 
マリーゴールド売りの人々

死者の日には家族や友人達が集い、故人への思いを馳せて語り合う。祝祭はカトリックにおける諸聖人の日である11月1日と翌日2日に行われる。地域によっては、10月31日の晩も前夜祭として祝われる。

市街地はマリーゴールドの香りに包まれ、公園には露店が立ち並ぶ。11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が戻る日とされ、供え物がチョコレートなどのお菓子からメスカルなどの酒に変わっていく。日本のお盆に近い位置付けであるが、あくまで楽しく明るく祝うのが特徴である。死を恐怖するのではなく、逆に死者とともに楽しく笑うというモチーフとなっている。

墓地にも派手な装飾が施され、夜間にはバンドによる演奏なども行われる。カボチャを飾り仮装をしてパーティを行うなど、ハロウィンとも共通する点が多くあり、実際にルーツは近似している部分がある。

メキシコにおいて、「死」は擬人化されることが多く、さまざまな呼称がある。生への隠喩につながる表現もある[1]

アルタール編集

 
オアハカのオフレンダ

特徴的な装飾として、故人の遺影十字架砂絵、花、食物などを配置したアルタールと呼ばれる祭壇がある。メキシコでは死者の花とも呼ばれるマリーゴールドやケイトウ、食物はパンサトウキビ柑橘類ヒカマなどが好んで使用され、砂糖で作られたガイコツキャンドル、故人の好んだもの(オフレンダと呼ぶ)などが色鮮やかに飾り付けられる。アルタールは住居内や玄関先だけでなく、街の中心部の公園や階段等にも置かれる。

 
オープンカフェのガイコツ

人々は1年間かけて準備し、墓地も時期が近づくにつれて念入りに清掃、飾りつけを施す。

メキシコにおける起源編集

メキシコでは2500-3000年前から、祖先のガイコツを身近に飾る習慣があった。また、死と生まれ変わりの象徴として、他者(多くの場合は敵)のガイコツもトロフィーの様に扱われていた。死者の日の祝祭は地域によって様々な形で生まれ伝承されてきた。

中でも、アステカ族には冥府女神ミクトランシワトルに捧げる祝祭があった。やがて、死者の貴婦人カトリーナに捧げる祝祭へと形を変え、アステカ暦の9番目の月を祝うようになった。これは現在の8月前半にあたる。その後、スペインからの侵略を受け、カトリック諸聖人の日と融合して今の形になっていった。

カトリックの影響があるないに関わらず、世界中の国々に類似した習慣が残されている。

メキシコ以外における死者の日編集

メキシコ人が多く住むアメリカ合衆国の各地では「死者の日」の伝統は受け継がれている。その他の中南米諸国においても類似した行事が行われている。

セルゲイ・エイゼンシュテイン編集

ソビエトの映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインの1931年作品『メキシコ万歳』(ロシア語: Да здравствует Мексика! )には死者の祭りが描かれている。20世紀初頭の祭りの有様が確認できる貴重な資料となっている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 発音: ディア・デ・ムエルトス

出典編集

  1. ^ 佐原みどり「死の隠喩と死生観 : メキシコ・シティにおける「死者の日」を中心に (PDF) 」 『国際開発研究フォーラム』第28巻、名古屋大学、2005年3月、 165-168頁、2019年2月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集