段興智(だんこうち)は大理国の22代国王(後大理国としては第8代)。

段興智
大理
22王
王朝 大理
在位期間 1251年 - 1253年
姓・諱 段興智
諡号 向義天定賢王
生年 不詳
没年 1260年
段祥興
年号 天定 : 1252年 - 1253年

大理国はモンゴル帝国クビライの軍の侵攻を受けて、段祥興は相国の高泰祥に迎え撃たせたが、高泰祥は敗死した。段興智は鄯闡に逃れて抵抗を続けた。1253年、モンゴルのウリヤンカダイに敗れて捕らえられ、憲宗モンケの引見を受け、一命を許された。大理総管に任ぜられて、モンゴルによる雲南の平定に従った。1260年、クビライの謁見を受けるため、弟の段実(段信苴日)とともに北上したが、道中で世を去った。1261年、後大理国向義天定賢王の位を追贈された。

大理総管の地位は段実が継いで、以後も段氏によって世襲された。1267年、クビライの子のフゲチが雲南王に封ぜられると、段氏の大理総管もその麾下に組みこまれた。フゲチの子孫の雲南王国は梁王国とも称される。

先代:
孝義帝
後大理
8代(22代):1251年-1253年
次代:
(なし)