母国党タイ語:พรรคมาตุภูมิ Phak Matubhum)は、タイ政党

2008年創設。タクシン・シナワットが創設した旧タイ愛国党のなかのワダ会派(ムスリム政治家の派閥)や国家貢献党からの離脱者が結成した。主な支持基盤はタイ深南部三県に多いムスリム住民[1]

2009年には2006年の軍事クーデターを主導したソンティ・ブンヤラットカリンが入党し党首に就任した[2]。ソンティはタクシンを首相から追い落とした立役者であるが、タクシン派の政党であるタイ貢献党との連携も排除しない姿勢を見せた。

2011年下院総選挙では、2議席を獲得した。

出典編集

  1. ^ 政変の主導者ソンティ氏、母国党の党首就任 日刊タイビジネス
  2. ^ クーデター指揮の元司令官、タイ政界入り Newsclip 2009年11月19日

外部リンク編集