メインメニューを開く
大正新脩大蔵経 > 毘曇部 (大正蔵)

毘曇部(びどんぶ)とは、大正新脩大蔵経において、部派仏教、より具体的には「説一切有部」の論書アビダルマ, 阿毘達磨, 毘曇)をまとめた領域のこと。

六足論』『発智論』『大毘婆沙論』『倶舎論』『順正理論』などが含まれる。

第13番目の部であり、収録されている経典ナンバーは1536から1563まで。巻数では26巻(後半)から29巻までに相当する[1]

構成編集

巻別編集

  • 毘曇部 (一) 第26巻 - No.1536-1544
  • 毘曇部 (二) 第27巻 - No.1545
  • 毘曇部 (三) 第28巻 - No.1546-1557
  • 毘曇部 (四) 第29巻 - No.1558-1563

詳細編集

毘曇部 (一) 第26巻 - No.1536-1544

毘曇部 (二) 第27巻 - No.1545

毘曇部 (三) 第28巻 - No.1546-1557

毘曇部 (四) 第29巻 - No.1558-1563

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集