メインメニューを開く

毛利元春

南北朝時代から室町時代の武士、安芸国の国人、、毛利親衡の子、安芸毛利氏

毛利 元春(もうり もとはる)は、南北朝時代から室町時代安芸国国人。安芸国吉田荘地頭職[1]

 
毛利元春
時代 南北朝時代 - 室町時代
生誕 元亨3年(1323年[1][2]
死没 不詳
改名 師親(初名)[1][2]→元春[1]→元阿(法名)[2]
別名 少輔太郎(通称)[1][2]、郡山殿、親衡[2]
戒名 元阿大禅定門[3]
墓所 広島県安芸高田市吉田町吉田の毛利氏歴代墓所
官位 従五位下[1][2]、右馬頭[1][2]、備中守、左近将監[1][2]、権大丞[1][2]
幕府 室町幕府
主君 足利尊氏義詮義満
氏族 大江姓毛利氏
父母 父:毛利親衡[1][2]、母:長井三田入道の娘[1][2]
兄弟 元春、坂匡時[1]、有富直衡[1]
広房[3][2]、厚母元房[3][2]、広内[3][2]、中馬忠広[4][2]福原広世[4][2]、元淵[4][2]

生涯編集

曽祖父・時親代官として足利尊氏に一貫して従った。その忠勤により、13歳で元服した際には、足利家執事高師直の兄弟・師泰から一字拝領し「師親もろちか」と名乗った(正平6年/観応2年(1351年)に師泰が没落して以後は元春と改名)[5][6][注釈 1][注釈 2]

祖父の貞親、父の親衡南朝に従って越後国南条荘にて活躍し、一族で対立することとなる。後見役の時親はそうした争乱の最中の南朝:興国2年/北朝:暦応4年(1341年)に没し、安芸国吉田荘の支配は元春が引き継ぐことになった。

元春は19歳で家督を相続し「郡山殿」と呼ばれるようになった。南朝方の一族を敵に回して勝ち残った元春は、九州探題今川了俊に従って、九州へ下向して北朝方として戦いを繰り広げることとなる。一方、敵対関係にあった父・親衡が、九州の南朝方勢力、周防国大内弘世などと結んで、九州出陣中の元春の領地へ侵攻した。

南朝:元中2年/北朝:至徳2年(1385年)に嫡子・広房が安芸国西条にて討死するに及び、孫の光房に跡を継がせ、その成長まで後見することとなる。

元春の代前後から庶子家が派生し、兄弟の坂氏有富氏、庶子の麻原氏中馬氏福原氏などが生まれている。また坂氏から、さらに桂氏光永氏志道氏などの庶流家が生まれ、内訌と協力を繰り返しながら、後に戦国大名としての毛利氏を支える一門家臣となっていく。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 典拠は『毛利家文書』所収 「毛利元春自筆事書案」[7]
  2. ^ このことが、師泰の子・師武に始まる国司氏が毛利氏の家臣となるきっかけとなったとされる[6]

出典編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • 河合正治 『安芸毛利一族』 新人物往来社、1984年11月。ISBN 440401239XNCID BN01455089OCLC 672973935全国書誌番号:85019269 
  • 國司由行「國司家に伝わる元就公からの感状」『「毛利一族」のすべて』新人物往来社編、新人物往来社〈別冊歴史読本, 92 . 一族シリーズ〉、1997年3月、35頁。ISBN 4404024665NCID BA36814619OCLC 170119475
  • 東京帝国大学文学部史料編纂所編「第15号」『大日本古文書』家わけ八ノ一 毛利家文書之1-4、東京帝国大学、1920年11月30日。全国書誌番号:73018527NCID BN04859787OCLC 33677381 国立国会図書館デジタルコレクション
  •  時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション

関連項目編集