民本主義

民本主義(みんぽんしゅぎ)とは、法学的問題である「主権の所在」を問わず、人民多数のための政治を強調する主義のこと。「democracy」の訳語であり、最初に使ったのは茅原華山といわれる。

目次

概説編集

吉野作造1914年大正3年)「民衆的示威運動を論ず」や1916年(大正5年)「憲政の本義を説いて其有終の美を済すの途を論ず」(『中央公論』掲載)などの論文で唱えた。これは、大正デモクラシーを活発にする一因となった。「憲政の本義を説いて其有終の美を済すの途を論ず」によれば、democracyの訳語には、

という2つが考えられる。民本主義では主権の所在は問わない。主権者は一般人民の利福・意向を重んずべきことが主張される。一見矛盾するようだが、完全に両立可能なものであるとして、主権は君主にあるか人民にあるかをあえて問わない。

内容編集

民本主義の内容としては、

  • 政権運用の目的は特権階級ではなく人民一般の利福にある、
  • 政策決定は民意に基づくべき、

と述べている[1]。吉野があえて“民主主義”をいわなかったのは大日本帝国憲法国民主権象徴天皇制ではなく天皇主権制をとっていたためである。

脚注編集

  1. ^ 前者の政権運用の目的は1918年(大正7年)に『中央公論』で掲載された「民本主義の意義を説いて再び憲政有終の美を済すの途を論ず」では除かれた。

関連項目編集