メインメニューを開く

水原 秀策(みずはら しゅうさく、1966年昭和41年〉[1] - )は、日本小説家推理作家

水原 秀策
(みずはら しゅうさく)
誕生 1966年
日本の旗鹿児島県
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 推理小説ハードボイルド小説
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞大賞(2004年)
デビュー作サウスポー・キラー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴・人物編集

鹿児島県出身[2]。早稲田大学法学部卒業[3]。不動産会社勤務、衆議院議員秘書(公設第二)、塾講師などを経る[1]。現在は専業小説家。

2004年平成16年)に『サウスポー・キラー』(受賞時の題名は『スロウ・カーヴ』)で、第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞[4]囲碁をたしなみ、ペンネーム江戸時代の大棋士本因坊秀策から採っている[3]。野球が好きであり、野球を題材にした作品が多い。2011年3月17日よりツイッターを開設。

作品リスト編集

単行本
  • サウスポー・キラー
  • 『黒と白の殺意』
  • 『メディア・スターは最後に笑う』
  • 『偽りのスラッガー』
  • 『裁くのは僕たちだ (ミステリ・フロンティア) 』
  • 『栄冠を君に』
短編集
  • 『アメリカの犬』(別冊宝島1711 『このミステリーがすごい!』大賞STORIES収録、2010年11月)

脚注編集

外部リンク編集